ONE PIECE休載で尾田栄一郎氏がメッセージ「麦わらの一味に迷惑かけてる」

写真拡大

人気漫画『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎氏が、自身の入院により2週間休載することについて、『週刊少年ジャンプ』(集英社)の公式サイトで読者へのメッセージを公開している。

現在尾田氏は、扁桃周囲膿瘍のため入院中で、5月27日発売の26号、6月3日発売の27号の2号が休載。こちらは5月21日に告知されたが、昨日23日に「『ONE PIECE』作者・尾田栄一郎先生から読者の皆様への休載に関するメッセージ」というタイトルで、読者への謝罪とメッセージが寄せられた。

その中で尾田氏は、「不覚です! 少々我慢しすぎて事態を悪化させてしまいました。続きを楽しみにしてくれている読者の皆様と、暴れるのを楽しみにしている麦わらの一味の皆様に、多大な迷惑をおかけしております」とファンや読者に加えて、本作に登場するキャラクターたちにも謝罪。そして「ただ今痛ェ治療を続けております」(原文まま)と現状を報告するとともに、「次回せっかく新展開なのに、早く読んで欲しい気持ちでいっぱいです。少年達の2週間がどれ程長いか承知してます。ちょっと待っててください」と期待されている新展開にも触れながら、2週間という休載の長さを綴っている。

連載の再開は、6月10日発売の28号を予定している。