これが新ビジュアルだ!
 - (C) 蛙男商会/DLE

写真拡大

 今秋に公開される人気Flashアニメ「秘密結社 鷹の爪」の劇場版シリーズ第5弾『鷹の爪GO〜吉田、秘密結社やめるってよ(仮)〜』の新たなビジュアルが公開され、元AKB48前田敦子の発言をもじった「ボクのことは嫌いでも、島根のことは嫌いにならないで下さい。」という遊び心あふれるキャッチコピーが付けられていることがわかった。

 劇場公開決定時には、映画『桐島、部活やめるってよ』をまねた作品タイトルも話題になった本作。今度は2011年のAKB48選抜総選挙で前田が放った「わたしのことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください!」をもじったキャッチコピーが登場した。同アニメシリーズで監督から声優までをも担うクリエイターFROGMANの心意気が感じられる。

 同時に公開された特報映像にも目に涙を浮かべた吉田くんが「さよなら、島根県。」と意味深につぶやくシーンが映し出されるが、新ビジュアルでも吉田くんは鼻水をたらしながら涙を流している。ストーリーが未発表なだけに、詳細が気になるところだ。

 『鷹の爪GO〜吉田、秘密結社やめるってよ(仮)〜』は親子をテーマにした作品で、「大人と子ども、家族みんなで楽しめる映画を作ります。目指すは『クレヨンしんちゃん』!」とFROGMANは意気込んでいる。(編集部・小松芙未)

映画『鷹の爪GO〜吉田、秘密結社やめるってよ(仮)〜』は今秋、全国公開