「逆転裁判」舞台化決定!成歩堂と御剣はテニミュコンビ

写真拡大

カプコンの人気ゲーム「逆転裁判」が舞台化されることが発表された。
 
【関連:宝塚歌劇団「逆転裁判」第3弾公演決定!悠未ひろ演じる御剣が主人公!】

舞台『逆転裁判』メインビジュアル2


舞台化では先に、宝塚歌劇団で蘭寿とむ主演で2009年2月と同年3月に2度「逆転裁判」が上演され、さらに2013年1月のつい最近には悠未ひろを主演とした「逆転裁判」(タイトルは「逆転裁判」だが、内容は「逆転検事」)と計3度上演されている。

今回の舞台化では愛と友情をテーマにした宝塚オリジナルとは異なり、原作ゲームを忠実に再現する様子。

演出はスーパー・エキセントリック・シアターの大関真が、脚本は斎藤栄作が担当する。

主演の成歩堂龍一役は兼崎健太郎、御剣怜侍役は和田琢磨と物語の中心をミュージカル「テニスの王子様」出身者の二人が固める。

公演は7月31日(水)から8月4日(日)。舞台名は 「逆転裁判 〜逆転のスポットライト〜」。会場は北品川にある六行会ホールで全9公演が予定されている。
チケットは5800円。

―キャスト
・兼崎健太郎(成歩堂龍一役)
・和田琢磨(御剣怜侍役)
・荻野可鈴(綾里真宵役)
・林 明寛(矢張政志役)
・磯貝龍虎(糸鋸 圭介役)
・杉原勇武(荷星 三郎役)

舞台『逆転裁判』メインビジュアル

(C)カプコン (C)ADKアーツ