伝説の司令官役として壮絶なチームバトルに参戦!(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.Hasbro and its logo, G.I. JOE and all related charactersare Trademarks of Hasbro and used with permission.All Rights Reserved.

写真拡大

国際機密部隊“G.I.ジョー”と巨大テロ組織“コブラ”の壮絶な戦いを、ケレン味たっぷりのアクションで描く大ヒットシリーズ第2弾「G.I.ジョー バック2リベンジ」から、“初代G.I.ジョー”としてシリーズ参戦を果たしたブルース・ウィリスのインタビュー映像を入手した。

コブラの策略により壊滅寸前の精鋭部隊が、反撃の狼煙を上げるため、ウィリス演じる伝説の司令官ジョー・コルトンに助けを求める。ウィリスは“初代ジョー”という伝説的な男を演じたことについて、「8歳か9歳の子どもの頃、フィギュアで遊んだのを今でも覚えている。それがこうして大人になって彼を演じることができた。本当に名誉なことだと思う」と喜びを隠さない。満足そうな表情で、「役を演じるというより、知っている人になるという感じかな。本当にコルトン司令官になった気分だったよ」と感想を語っている。

共演のドウェイン・ジョンソン(ロードブロック役)とイ・ビョンホン(ストームシャドー役)については、「2人ともすごい迫力。起用は大成功だったと思う」と語り、「紳士的ですごく礼儀正しい人物。彼のアクションは見せかけじゃない。まさに本物だった」とビョンホンへの印象を明かしている。

そして、たたみ掛けるようなアクションシーンで観客を驚かせることについて話が及ぶと、「観客は僕たちが全力を尽くして楽しませることを望んでいる。それが映画を見る醍醐味だろう」と持論を展開。「『こいつら、すげえな』と驚かされたいんだと思う。ジョークも含めて、アクションであれ、何であれね。だからこそやりがいがあるし、常にベストを尽くす意味がある仕事なんだ」と続け、「アクション大作で出演者が大勢いる場合、互いに仲がいいだけではダメなんだ。個々のキャラクターがどんな場面でもしっかり結束して、自分の役割を完全に理解しなければならない」と、数々の激戦をくぐり抜けてきたアクション俳優としての熱い思いを披露している。

「G.I.ジョー バック2リベンジ」は、6月8日から全国公開。

■関連記事
「G.I.ジョー バック2リベンジ」ブルース・ウィリス インタビュー映像
宍戸錠「G.I.ジョー バック2リベンジ」宣伝司令官に就任!
「G.I.ジョー バック2リベンジ」壮絶ニンジャ・バトル映像が公開!
セクシー衣装で美脚披露の菜々緒、「G.I.ジョー バック2リベンジ」で声優初挑戦
「G.I.ジョー2」ロンドンプレミア開催&本予告が日本到着