青森県から東京都まで「1000?縦断リレー」開催 -参加ランナーを募集

写真拡大

「未来(あした)への道 1000km縦断リレー実行委員会」は7月25日から8月7日、ランニング主体のイベント「未来(あした)への道 1000km縦断リレー」を実施する。

同ランニングイベントは、青森県八戸市をスタートとし、約1,000kmの行程を全143区間の予定で構成。全国から募集する一般ランナーによって、各区間1〜10km程度をランニングと自転車で、競走ではなくリレー形式でつなぐ。目的は、復興へ向けた歩みや現状、地域の魅力等を全国へ発信することとしている。

コース概要と日程は、7月25日に青森県八戸市庁をスタートし、岩手県久慈市役所でゴール。以下、26日に同県宮古市役所まで、27日に同県大船渡市立綾里小学校、28日に同県陸前高田市役所、29日に宮城県・南三陸町ベイサイドアリーナ、30日に同県・松島町のパレス松洲、31日に同県・亘理町中央公民館、8月1日に福島県庁、2日に同県郡山市役所、3日に同県いわき市の三崎公園、4日に茨城県・大洗町役場、5日に千葉県旭市役所、6日に千葉県庁までとなり、7日に東京都江東区のシンボルプロムナード公園でゴールとなる。

参加申し込みは、6月14日まで。同実行委員会の公式ホームページから申し込みできる。参加料は無料。