静岡県のご当地ポテチ「お茶塩ポテトチップス」、年間5万袋を突破!

写真拡大

さがみ園(静岡県浜松市)は、静岡県産のお茶と駿河湾の海洋深層水で作った自然塩を使用したポテトチップス「お茶塩ポテトチップス」を開発し、県内の土産店を中心に販売を行っている。5月23日、同商品が年間5万袋を超える販売数を達成したことを発表した。

同商品は、静岡茶の粉末、駿河湾の海洋深層水だけで作った自然塩、国産ジャガイモを使用したポテトチップス。化学調味料などは一切使用せず、粉状の静岡茶と塩のみのシンプルな味付けとなっている。粉末にしたお茶のさわやかな風味と天然塩のまろやかな塩味のポテトチップスで、日本茶とも相性がいいという。

同商品は主に県内の土産店で販売を行っており、新東名高速道路サービスエリアの浜松サービスエリアでは、お土産ランキング1位にランクイン。静岡県のご当地ポテトチップスとして、浜松駅構内にある同社直営店でも販売している。

同商品は内容量120g。価格はオープン(実勢価格320〜390円)。