ダウントン・アビー

写真拡大

貴族と使用人の愛憎劇を描き、英米で絶大な人気を誇っている『ダウントン・アビー』。現在、本作で伯爵付従者ベイツ役を演じるブレンダン・コイルの「使用人」になれる権利がオークションにかけられている。このオークションは、ヨーロッパの演劇をアメリカに広める活動をしているニューヨークのOrigin Theatre Companyが行っているもので、ブレンダンは自らを寄付するというユニークな形でオークションに参加している。

Origin Theatre Companyの公式サイトによると、使用人を務める落札者の仕事は、ニューヨークのセントラルパークで馬車に乗り、その中でブレンダンに詩を読み聞かせたあと、タイム・ワーナー・センター内の高級レストランへディナーに連れて行くというもの。ディナーのあとは、ご主人様をタクシーに乗せて安全に帰宅できるよう取り計らうのも使用人の務め。帰宅後にはブレンダンからバッチリ報告も入るらしい。『ダウントン〜』ではグランサム伯爵に仕える使用人を演じているブレンダンだが、今回は彼が落札者にかしずかれることになるようだ。

このオークションは5月29日までインターネット上で入札が可能。その後は、さらにイベントでも入札が行われて最終落札者が決定するという。実は、まったく同じ内容で行われた初回のオークションが21日に終了しており、イベントを含めた最終落札価格は不明だが、インターネット上の入札では4日間で2000ドルの値がついた。

落札権を行使できる日程は、2013年の8〜12月の間を目安に、ブレンダンのスケジュールと調整のうえ決定されるとのこと。懐とスケジュールに余裕があって、使用人役に興味がある方は、入札してみてはいかがだろう。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『ダウントン・アビー』シーズン3、アメリカで驚きの高視聴率をたたき出す!
意地悪な使用人がいなくなる!?『ダウントン・アビー』オブライエン役のシヴォーン・フィネランが降板!
リッキー・ジャーヴェイスがファンに必死のお願い?「俺のツイートを無視しろ!」