首に「吹き矢」大阪でハトを保護

ざっくり言うと

  • 22日、大阪市内で矢のようなものが首に刺さったハトが見つかり、保護された
  • 矢の長さは約14.5センチで竹串と紙で作られ、吹き矢のような形をしていた
  • 警察は、鳥獣保護法違反の疑いで調べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング