ANA客室乗務員(CA)として12年。500万人のお客様の対応で気づいた、行動・言葉・気づかい・テーブルマナー・習慣とは?テレビ、新聞でも紹介された「100%好かれる1%の習慣」。第12回目は【8度目の正直で航空会社に内定。パイロットの父からもらった「たった1つの言葉」とは?】です。

「笑顔」は言葉を超えた、
最高のコミュニケーションツール

 私はオーストラリアに、1年間、留学したことがあります。留学した当初、私はほとんど英語が話せなかったのですが、それでもたくさんの友だちに囲まれていました。

 そのときの私は、「私の英語は最低なのだから、せめて笑顔だけは最高にしよう」と思い、たとえ会話が理解できなくても、常に「笑顔でいること」を心がけていました。

 すると、会話が成立していないにもかかわらず、笑顔のおかげで、たくさんの友だちにも恵まれるようになったのです。

 あるとき、バスを降りるときに「Thank you!」と言ってニッコリと笑ったら、バスの運転手さんが、「Thank you for your smile!(笑顔をありがとう!)」と返してくれたことがあります。笑顔で挨拶しただけで、運転手さんからお礼を言われたのです。

 私はこのとき「心からの笑顔は、相手を喜ばせる」「心からの笑顔は、贈りものになる」「心からの笑顔は、感謝される」ことに気がつきました。

「笑顔」は、言葉の代わりになる。それどころか、笑顔は、「言葉を超えた最高のコミュニケーションツール」になるのです。

 オーストラリアの友だちも、はじめは「英語を話せない私」に戸惑ったかもしれません。でも、私が笑顔でい続けたことで、「この日本人は、私の味方だわ」とわかってもらえたのです。「笑顔は、最高で、最大の武器になる」のです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)