シネコンとほぼ同じ機能が自宅に!写真:AP/アフロ

写真拡大

巨大スクリーンと迫力のサウンドで知られるIMAX劇場が自宅に設置できるようになったと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

カナダに本社を持つIMAX社は、IMAXプライベートシアターの準備を進めている。すでに2軒の邸宅で設置準備が進められており、シネコンにあるものとほぼ同じ機能を備えているという。

このシステムには24時間対応のカスタマーサービスや、音質を調整するマイク、4Kプロジェクターなどが含まれている。ただし、IMAXシステムを導入できるだけの大きな家屋と、200万ドル(約2億円)の設置費用が必要だ。

同社は現在設置中の家屋を明らかにしていないが、「テッド」の監督で、アカデミー賞の司会を務めたセス・マクファーレン邸ではないかと噂されている。なお本人の広報はノーコメントとしている。

■関連記事
公開中の映画を視聴できる高級ホームシアターシステムが米富裕層に人気
アップル開発の大画面TV、米市場で130億ドルの収益の可能性
米英のインターネットTVユーザー、映画続編への出資に前向き
米3D専門チャンネルが、3D番組の制作会社を設立
ハリウッドのシンボル、チャイニーズ・シアターがIMAX劇場に