日経平均大暴落、億トレーダーたちの戦略は? 5000万円弱の損失を出しても強気!?

写真拡大

「うわー、(日経225)先物が1万4000円割りそう。あ、割りましたね。さすがに1万4000円割れまでは……今、先物を買い増しましたけど、先物の板はパニックですね。100円、200円くらい値が飛んでいます。いつかはこういう下げがあるだろう、1万5000円くらいまでの4%程度の調整はあるだろうと思っていましたけど、まさかここまで下がるとは……驚きです」

 日経平均株価が13年ぶりとなる1143.28円の下げ幅を記録した5月23日の17時過ぎ、ちょうど電話取材に応じてくれていた1億円トレーダー・Tyunさんは驚きの声を上げつつ、受話器の向こうでは冷静に日経225先物を買い増していた。それはTyunさんがここ数日、相場の異変を感じ取っていたからだ。

この数日、日経先物は強引に支えられていた!

「日経平均は上がっていたんですが、その要因のほとんどは先物価格への影響が大きい一部の銘柄、特にファーストリテイリングとファナックなど5銘柄ほどの上昇で無理矢理支えられていた感じでした。それに引き換え、一昨日くらいまでは強かった商社も今日の前場では尻すぼみだったりして、ほかの主力銘柄の株価は弱かった。売りたがっている投資家が多くて需給は悪いのに、先物が上がっているから仕方なく買われているような、しっくりこない感覚がありました。日経225先物はプラスなのに、TOPIXはマイナスの時間が長かったりして、市場が歪(いびつ)になっている印象がありましたね」(Tyunさん)

確かに今月に入り、日経平均株価は堅調にもかかわらず、これまでのように利益を上げられていない個人投資家も多かった。

「4月はケネディクスなどの不動産関連やアイフル、SBI、ガンホーのような、個人投資家が資金を投入する銘柄が盛り上がっていたんですが、最近は勢いがなくなってきていました。日経平均がこれだけ上がっているのに、個人投資家が好きな銘柄に資金が入ってきていない印象でしたね。僕自身も個別の銘柄はあまり買いたくなかったので、昨日は先物だけ買っていたんですが、昨日の夕場で1万6000円まで上がったので運良く半分は利益確定していてポジションが少なかったので、今日は冷静に見ることができました」(Tyunさん)

その結果、日経平均株価が大暴落した今日もTyunさんはしっかりと利益を確保できたという。

「結局、持ち越した先物を前場で利益確定して、あとはジェイアイエヌを一般信用で空売りしたり、ガンホーのスキャルピングトレードなどで今日は400万円くらいのプラスでした」(Tyunさん)

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)