ボッテガ・ヴェネタ写真コンテスト世界中から才能発掘 賞金1万ドル

写真拡大

 「BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)」が、写真コンテスト「NEW EXPOSURE(ニュー・エクスポージャー)」を開催する。好評だったという昨年に続く2回目の今回は、アメリカ国外からも応募受付を開始。クリエイティブ・ディレクターのトーマス・マイヤーをはじめ、ファッションや写真、アート、デザインの各分野で活躍する著名人が審査員として参加する。

ボッテガ写真コンテスト開催の画像を拡大

 「NEW EXPOSURE」は、次世代を担う若者の創造性や発展性を育み、写真の分野で新たな才能を発掘することを目的にスタートしたコンテスト。2回目から一般投票枠を設け、ソーシャルメディアに掲載された最終選考者のポートフォリオから最優秀賞作品のほかにファン投票1位の作品が選ばれ賞が贈られる。

 7月10日までに提出されたポートフォリオは、VOGUE誌フォトグラフィー・ディレクターのアイヴァン・ショウやモデルのリンダ・エヴァンジェリスタ、ファッション・エディター兼スタイリストのカーリーン・セルフ・ドゥ・ドゥズィールら審査員が7月下旬から選考を開始。最終選考に残った10名には新たにプロジェクトが課せられ、9月のニューヨーク・ファッションウィーク期間中に最優秀賞が発表される。受賞者には、賞金10,000ドルのほか、アート+コマース社やVOGUEでの研修指導、「BOTTEGA VENETA」が今秋スタートする新プロジェクトで撮影を担当する権利が与えられる。

■応募方法
 12〜20枚のファッションフォトグラフィーが含まれるポートフォリオ(PDF版)を送付
 ※ポートフォリオの表紙には、氏名、住所、電話番号、メールアドレスを記載
 ※メール送信の際もメール件名に氏名を明記

■メールアドレス
 newexposurepromo@vogue.com