やさしく点灯・消灯する「明暗人感センサー」付きLED照明(写真は「HLH‐1202 PW/DB」)

「ELPA」(エルパ)ブランドの朝日電器は、乾電池式で取り付けが簡単で、用途や設置場所にあせて選べる明暗人感センサー付LEDライトの新シリーズ、ELPA「もてなしのあかり」(6種類)を、2013年5月21日に発売した。

インテリアに馴染みやすいデザイン

玄関や廊下、階段などに置くことで、天井照明などを点けなくても人や周囲の明るさに自動的に反応して足元を12秒間照らしてくれる照明シリーズ。日没後の帰宅時や夜中に起きた時など、周囲を明るく照らしてくれる。

電源は乾電池。LED照明なので、電池の平均寿命は10〜12か月。タイプ別に誰でも簡単に取り付けられ、しかも軽くて薄型なので場所もとらず、インテリアにも馴染みやすいシンプルなデザインに仕上げた。

LEDの光色は白色と電球色の2タイプ。防沫形で屋外でも使用可能なアイテムやハンディライトになるものも用意した。

自動点灯・消灯時に、瞬時に点いたり消えたりせずに、約3秒間でふんわりと点灯・消灯して、やさしい灯りに仕上げた。暗闇でいきなり強い光を浴びて目がくらむこともなく、人肌のような温かい印象をもたらす。

点灯モードは、暗いところで人に反応して自動点灯させるAUTOモードと、好みの明るさ(強・弱)で強制的に点灯させる常時点灯モードから選べる。AUTOモードでは、センサーが検知を開始する明るさを無段階で調整できるので、設置場所やシーンに応じて使用できる。

オープン価格。