ヤマハ、「ビーノ XC50D Vacation Style」を台数限定で7月に発売

写真拡大

ヤマハ発動機は23日、原付一種スクーター「ビーノ XC50」シリーズに、「ビーノ XC50D Vacation Style」を設定し、1,300台の台数限定で7月1日に発売すると発表した。価格は19万8,450円。

ビーノ XC50Dは、フューエルインジェクション採用の水冷4ストロークオートマチックエンジンを搭載し、レトロポップなスタイルを採用した原付一種スクーター。

Vacation Styleは、ビーノ XC50Dをベースに「カワイイ・マリンスタイル」のイメージを強調したというモデルで、鮮やかなブルーのボーダー柄を織り込んだボディ、ボディとマッチするペイント処理メーターボディ&リング、「Vacation Style」ロゴなどが特徴となっている。

そのほか、鍵穴シャッターとリアホイールロックが同時に行える「Gロックシステム」、容量約19Lのシート下トランク、燃料計付きでポップなデザインのスピードメーター、バックなどが掛けられるコンビニフックなどを装備する。