山形県・無言で酒をふるまう「化けものまつり」開催

写真拡大

山形県鶴岡市で、学問の神様といわれる菅原道真公にゆかりの祭り「天神祭(別名・化けものまつり)」が行われる。会場は鶴岡天満宮、鶴岡公園、市内目抜き通り一帯。開催日時は5月25日(土)。

この祭りでは派手な花模様の長襦袢に角帯を締めて尻をからげ、手ぬぐいと編みがさで顔を隠した老若男女が、手に徳利と杯を持って参加者に無言で酒を振る舞う。

当日は総勢2,500人による2つのパレードが街を練り歩き、「天狗舞」や「獅子舞奉納」が11時、13時、15時、17時の4回、鶴岡天満宮にて奉納される。

市内各所には「銘酒コーナー」も設けられ、鶴岡名産の地酒を味わうことができる。たくさんの出店が出店し、中高生による吹奏楽演奏などのイベントも用意されている。

菅原道真公が九州太宰府に配流された時、道真公を慕う人々が時の権力をはばかり、姿を変え、顔を隠してひそかに酒を酌み交わして別れを惜しんだという。その伝承が祭りの起源だといわれている。

詳細は、山形県鶴岡市観光連盟を参照のこと。