失恋のショックは大きいようです - クリステン・スチュワート

写真拡大

 5月13日のロバート・パティンソンの誕生日前後に彼と別れたといわれているクリステン・スチュワートが、自宅から一歩も出ていない日が続いているらしい。

 二人は5月8日にニューヨークから一緒にロサンゼルスに戻ってきてから、それぞれの家で別々に過ごすことが多くなっていたとのこと。クリステンの機嫌は非常に悪くなっていたそうで「ロブとうまくいっていないのは明らかでしたね」と情報筋はPeople.comに語っている。

 「彼女はもう何日も家から出ていません。今は友達が24時間体制で彼女をサポートしています」と情報筋はコメント。家から出ないため、パパラッチはますます彼女が出かける姿を撮ろうと張り付いている。

 クリステンは映画『スノーホワイト』のルパート・サンダース監督との不倫発覚後も長い間外出をすることはなかった。前回は、久しぶりに家の外に出たクリステンがロブのTシャツを着ていたことが大きく取り上げられており、パパラッチは今度もクリステンの服装で二人の仲が修復可能かどうか見極めようと待ち構えているようだ。(澤田理沙)