【男子感覚】本当に友だちなのか疑ってしまう、ご祝儀の金額

写真拡大

結婚式にたくさん呼ばれると、お財布の中が寂しいことに……。でも、ご祝儀をねぎるわけにもいかないので難しいところ。そこで、本当に友だちなのか疑ってしまうご祝儀の金額について、マイナビニュース会員の男性382名にうかがいました。

調査期間:2013/5/9〜2013/5/14
アンケート対象:マイナビニュース会員
有効回答数:男性382名(ウェブログイン式)

女子感覚はこちら

【男性編】Q.本当に友だちなのか疑ってしまう、ご祝儀の金額を教えてください(単一回答)
1位 1円〜5,000円 29.8%
2位 5,001円〜10,000円 26.4%
3位 0円 19.6%
4位 10,001円〜20,000円 13.6%
5位 20,001円〜30,000円 2.9%

■1円〜5,000円
・「学生とかなら10,000円は仕方ないけど、5,000円とか聞いたことがないから」(29歳/運輸・倉庫/技術職)
・「この金額でもジョークになる関係ならいいが、そうでないと……」(26歳/その他/クリエイティブ職)
・「いくらなんでも1万円以下はちょっと。それなら参加するな、と言いたい」(34歳/機械・精密機器/営業職)

■番外編:たくさんもらうのも困りもの(100,001円以上)
・「金額があまりにも大きいと友達以外の特殊な背景があるのではないかと疑ってしまいます」(26歳/電機/技術職)
・「お返しのことを考えろと思う」(29歳/商社・卸/営業職)
・「見返りを求めているように思えるため」(26歳/金融・証券/営業職)

ご祝儀が1万円を割り込むと、友だちなのか疑う男性が多いようです。お金がないなら無理に参加しなくてもいいというコメントも。一方、あまりにも額が大きいと、お返しが大変だから困るという意見も見受けられました。相場に従って、ご祝儀の額を決めたほうがいいのかもしれません。

(OFFICE-SANGA)