DCコミックのオールスターが結集写真:AP/アフロ

写真拡大

「ジャスティス・リーグ」のキャラクターグッズが米大型チェーン店の「ターゲット」で独占販売されたと、バラエティが報じた。

「ジャスティス・リーグ」とは、グリーンランタンやバットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンなどDCコミックのオールスターヒーローチームの活躍を描くもので、マーベルコミックの「アベンジャーズ」に相当する存在だ。DCコミックを傘下に抱えるワーナーは実写映画化の準備をしつつも、これまで実現には至っていない。しかし、ワーナーのコンシューマー・プロダクツ部門が大手ターゲットと独占契約を結んだのは、実写映画化への布石ではないかと見るむきもある。

ちなみに、「ジャスティス・リーグ」のタイアップ商品は、日用品や文具、スポーツグッズまで50種類に及ぶという。

■関連記事
「ジャスティス・リーグ」バットマン役にアーミー・ハマー?
「ジャスティス・リーグ」にラナ&アンディ・ウォシャウスキー監督?
「マン・オブ・スティール」前売り特典はスーパーマン人形ストラップ
クリストファー・ノーラン、DCコミックスのヒーロー大作参加を断固拒絶
ワーナー・ブラザース90周年 特集ページ