『俺俺』の内田有紀と三木聡監督

写真拡大

オレオレ詐欺をしたことから、自分と同じ顔の“俺”が現れ、どんどん俺たちが増殖していく。そんな奇想天外なストーリーの『俺俺』(5月25日公開)で、主演の亀梨和也は1人33役をこなした。果たして、どんな映画なのか?本作のヒロインを演じた内田有紀と、メガホンを取った三木聡監督にインタビューし、撮影裏話を聞いた。

【写真を見る】内田有紀は、ミステリアスなヒロイン、サヤカ役。登場シーンはこちら

原作は星野智幸の同名小説。脚本も手がけた三木監督は、この小説を映画化することに最初は戸惑いを覚えたという。「不条理な世界に引きずり込まれていく感じがすごく面白い。でも、これを映像化するのは難しいなと思いました。もちろん、興味は湧きましたが」。三木組初参加の内田は、今回のオファーに大喜びした。「三木さんの映画は拝見してました。三木さんの作品に出演されている俳優さんと会うことも多いのですが、みんな三木さんのファンなんです。三木さんの話もよく聞いていたので、撮影がすごく楽しみでした」。

主人公は、ひょんなことからオレオレ詐欺に手を染める永野均(亀梨和也)。内田有紀が扮するのは、均に謎の仕事を依頼するミステリアスなヒロイン、サヤカ役だ。「サヤカは原作にはない役で、三木さんが書いてくださるってところもすごく嬉しくて。三木さんに

どのようにいじられるのか、それを楽しみに現場へ行こうと思いました」。三木監督が笑いながら「最初はよくわかんなかったと(笑)」と突っ込むと、内田は「ははは。でも、よくわからないところが魅力だと思いました」と笑顔で答える。

三木監督はヒロインについて「1950年代のフィルムノワールのファムファタール」と話す。「主人公を、混沌とした世界へ引きずり込む女性。悪女です。その不条理版みたいなのを考えていました。一応、僕なりにサスペンスの方程式に乗っかったつもりです。主人公を惑わす役どころだけど、惑わし方がヘンテコなことになっていきます」。内田は「三木さんにお会いした時、第一声が『謎の女性役です。すみません』でした」と笑う。「なぜ、謝るの?と(笑)。謝るということは、きっと頭で考えて決めつけるのはなしだなと。もう、なるようになろう、とにかく縮こまった考えを持たずに現場を楽しもうと思いました」。

三木監督は、自身が手がけるキャラクターについてこう語す。「僕の役は条理で書いているわけじゃなく、そこをずらして書いているんです。たとえば、こういう状況でこういう関係だから、こういうセリフを言うだろうという流れを、全部ずらしてある。そのハードルを超えていただけるかどうかを、どの役者さんでもお会いした時に確認させていただくんです。内田さんは、もともとそこを取っ払う覚悟をしてきてくださったのが一番嬉しかったです」。

1人33役を演じた亀梨について、三木監督はこう賛辞する。「亀梨さんの役の不条理は、演じ分けという役者の方法論を使わずにやってもらわないと成立しないと思ったんです。それを亀梨さんに期待したんだけど、彼は見事に自分の分身を作ってくれました。今回は微妙にずれた演じ分け方なので、新しいリアリティが必要でした。彼は普段の環境でも、トップスターとか、アイドルとか、いろんな面を瞬時に切り替えなくてはいけないわけで、そのリアリティがこの『俺俺』に合うと思ったんです」。

内田と亀梨は、ドラマ「神の雫」(09)以来、2度目の共演だった。「私も本当に亀梨さんで良かったなと思いました。感覚的なことですが、頭でああしなきゃ、こうしなきゃと考えすぎる人だと成り立たない感じというか。三木さんが、亀梨さんという存在を存分に野放しにされたというか、お二人が信頼感を感じてやっていた気がしました」。

“不条理”というキーワードが飛び交う三木ワールドだが、今回は成長譚的な要素も意識したと監督は語る。確かに、個性派サスペンスの流れでぐいぐい引っ張られる本作だが、見終わった後は、新鮮な余韻に包まれる。33人分の亀梨と内田たちの多彩なアンサンブルドラマを堪能したい。【取材・文/山崎伸子】