ルイ・ヴィトン着たミク主演オペラ「THE END」東京プレミア開催

写真拡大

 「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」の衣装を着た初音ミクが主演を務めるボーカロイド・オペラ「THE END」が5月23日、東京公演初日を迎えた。これ記念して22日に東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールでプレミアが開催され、会場には渋谷慶一郎とともに等身大フィギュアの初音ミクが登場。初音ミクと同じダミエ・パターンをまとったセレブリティが多数来場した。

初音ミク主演オペラ「THE END」公演の画像を拡大

 「THE END」は、音楽家でアーティストの渋谷慶一郎と演出家の岡田利規による歌手やオーケストラが登場しない"ボーカロイド・オペラ"。自らの運命を予感した初音ミクの「終わりを探すための旅」をテーマに、初音ミクが終わりとはなにか、死とはなにかを問いかけていく。本作で初音ミクが着用している衣装は、「LOUIS VUITTON」のアーティスティック・ディレクターMarc Jacobs(マーク・ジェイコブス)とスタジオチームによるダミエ・パターンの作品。また、「LOUIS VUITTON」のアイコンバッグのひとつ「スピーディ」を再解釈したバッグや、ウェアと同様のダミエ柄のポインテッドパンプスなどもオリジナルで描かれた作品だ。

 「THE END」のプレミア後のパーティーでルイ・ヴィトン ジャパン カンパニーのプレジデント兼CEOフレデリック・グランジェは、「私が渋谷氏から初めて『THE END』について話を聞いたのは昨年3月ディナーのとき。このオペラはとても斬新なものになるに違いない、と確信したのを覚えています」と振り返る。「すごくハードだったが、すごく楽しいプロジェクト」という渋谷敬一郎は本作について、「『THE END』は僕にとってすごく大きなテーマ。今後何年かにわたって取り組んでいきたいテーマで、これだけというわけにはいかないと思ってます」とコメントした。「THE END」は今秋、フランス・パリのシャトレ座で公演が決定している。

■THE END
日程:2013年5月23日(木)19:00開演・24日(金)15:00 /19:00開演 (全3回公演)
会場:Bunkamuraオーチャードホール -料金-プラチナ席 (プログラム付 ) ¥10,000 / S 席 ¥7,500 / A 席 ¥5,000 / B 席 ¥3,000
先行発売:ファミリーマート 2013年3月14日(木) http://cncn.jp/te/
一般発売:2013年4月4日(木)AM10:00
チケット取扱:Bunkamuraチケットセンター 03-3477-9999(10:00〜17:30)、 Bunkamura オンラインチケット / CNプレイガイド / チケットぴあ / ロ―ソンチケット / イ―プラス
お問合せ:Bunkamura 03-3477-3244(10:00~19:00)

【関連】
・銀座にルイ・ヴィトンの巨大ダミエ、ミク衣裳とお揃い