シャトレーゼ、”ねっとり”ジェラート発売 - 家庭で専門店の味わい

写真拡大

シャトレーゼは24日、夏の新商品として、「ジェラテリーゼ フレンチチョコ」「同 エスプレッソラテ」「同 北海道ミルク」「同 アルフォンソマンゴー」「同 石臼挽き宇治抹茶」の全5種を発売開始する。

同商品は、フランス産のチョコレートやアルフォンソマンゴーなど、日本をはじめ世界から集めた本格素材にこだわり、ねっとりとしたなめらかな食感に仕上げたジェラート。徹底した減添加製法のもと、着色料・香料を使用せず(フレンチチョコのみ原料由来の香料入り)、多くの香料を使用したアイスに比べすっきりとした味わいに仕上げたという。

「フレンチチョコ」は、フランス産クーベルチュールチョコレートを使用。純粋なカカオ豆の苦味と酸味が強く、ビターな味わいが特徴となっている。

「エスプレッソラテ」は、厳選したコーヒー豆数種をブレンドし深煎りしたエスプレッソコーヒーを使用。コーヒーの旨味と高い香りが特徴のコーヒーに、コクのあるミルクアイスをブレンドした。

「北海道ミルク」は、北海道の牛乳を濃縮したプレミアム素材を使用。濃縮する際に発生する塩味と雑味を取りのぞき、乳のコクや風味が増しているという。

「アルフォンマンゴー」は、世界のマンゴー生産量の60%を占め、約40種ものマンゴーが生産されるインドで、キング・オブ・マンゴーと呼ばれるアルフォンソマンゴーを使用。さっぱりとしたミルクアイスを合わせた。

「石臼挽き宇治抹茶」は、高級茶の代名詞・宇治の抹茶の中でも品質が高く、江戸時代から続く老舗の石臼挽き宇治抹茶を使用。石臼で挽くことで茶葉の繊維が残されたままになるため、より抹茶の旨味と香りが立つという。

一般のアイスでは、配送時のちょっとした温度変化でも溶けないように、-13度前後を氷点に設定しているが、同商品は、一般的な家庭用冷蔵庫の温度である-18度に設定し、なめらかな口当たりのまま保存できるように工夫したとのこと。価格は、同種4個入りで各420円。