パピコの乳飲料「パピコ オーレ」が登場 -グリコ乳業

写真拡大

グリコ乳業は6月3日から8月上旬頃まで、乳飲料「パピコ オーレ」を全国で発売する。

同商品は、同社主力アイスブランド「パピコ」とコラボした期間限定発売の乳飲料。味は「パピコ<チョココーヒー>」をイメージし、共通原料となる生チョコレートを使用。コクのある味わいでありながら、すっきりとしたあとくちに仕上げたという。内容量180mlで、想定小売価格は105円。

同社では、主力品「カフェオーレ」のミルクとコーヒーの比率が1:1、牛乳とコーヒーの中間がカフェオーレ、の認識のもと「牛乳の日(6月1日)」と「コーヒーの日(10月1日)」の真ん中の8月1日を「カフェオーレの日」と制定し、日本記念日協会の認定を受けた。また、漢数字「八」と「一」を組み合わせると円錐型容器のフォルムになることも理由のひとつという。

今回は、8月1日の「カフェオーレの日」に向け、6月10日から「カフェオーレ」「カフェオーレ コーヒー濃いめ」「カフェオーレ クリーム in」のカフェオーレ3品もリニューアルし、オーレシリーズのラインアップを拡充するとのこと。