二階堂和美

写真拡大

2013年秋に公開される高畑勲監督の新作映画『かぐや姫の物語』の主題歌が、二階堂和美の新曲“いのちの記憶”になることがわかった。

【もっと写真を見る】

二階堂和美は浄土真宗本願寺派僧侶の資格ももつ広島在住のシンガーソングライター。今回の主題歌起用は、高畑監督自身が以前より二階堂の活動に目を留めていたことから実現したという。“いのちの記憶”は、高畑監督と二階堂との密なやり取りによって制作された書き下ろし楽曲。7月24日には同楽曲を収めたシングル『いのちの記憶』がリリースされることもあわせて発表されている。

『かぐや姫の物語』は、高畑監督にとって1999年の『ホーホケキョとなりの山田くん』以来、約14年ぶりの新作長編作品。古典作品『竹取物語』をもとに、少女・かぐや姫の秘められた物語が描かれる。原案・脚本を高畑自身が手がけるほか、共同脚本に坂口理子、音楽を久石譲、アニメーション制作をスタジオジブリが担当する。