●-パーティーチョッパー-

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©緋鍵龍彦/メディアファクトリー・断裁分離のクライムエッジ製作委員会

<キャスト>                  
灰村 切:花江夏樹
武者小路 祝:小岩井ことり
病院坂 病子:福原香織
病院坂 法子:内山夕実
美墨 かしこ:安野希世乃
初郷 和:能登有沙
鳴門 小太郎:島信長
皇 鼎:遊佐浩二
軽子 瞳:井上喜久子
小泉 芳一:子安武人
中嶋 正義:石田彰
銭形 小桜:長妻樹里
四方堂 瑠架:日笠陽子
雑賀 露見男:中村悠一
ヴァイオレット・ウィッチー卿:田村ゆかり

●ストーリー
「君を切りたい。」
女の子の髪を切ることが好きな少年・灰村切は、学校帰りに偶然立ち寄った洋館で、長く美しい髪の少女「武者小路祝」と出会う。彼女はどんな鋏でも切ることが出来ない、呪われた髪の持ち主だった。
「殺人鬼」、「殺害遺品」、「髪の女王」――。
祝をとりまく聞きなれない言葉に戸惑う切だが……?
殺人鬼の血を受け継ぐ少年少女たちの「殺害遺品(キリンググッズ)」を巡るラブ・バトルストーリー開幕!
●「醜聞」のパーティー
「醜聞」主催のパーティーにやってきた灰村 切と武者小路 祝。周囲は彼等(特に武者小路 祝)を好奇な目で眺めるのですが…。

しかも「髪の女王」を主題とした舞台劇まで上演されています。その舞台劇では黒髪の呪いを受けた娘は女王によって処刑されるというストーリー。

武者小路 祝「このお芝居、私だ!」

そして、2人が案内されたのは…。
●舞台劇に出演!
案内人「こちらがお召し物でございます。」

灰村 切が渡されたのは狼の毛皮のマント(マタギ風です)。そして、武者小路 祝は山羊のカチューシャを被ります。

案内人「お二人は次の劇の出演者では無いのですか?」

もちろん、2人共舞台劇の出演経験は皆無。

灰村 切「醜聞のパーティーに来て、何も無いとは思わなかったけどさ。」

そして、この黒幕は、

中嶋 正義「ようこそ、我が舞台へ!さあ、裁判をはじめようか?」
●舞台劇の中の殺人
中嶋 正義は殺害遺品「判決執行のルールブック」の権利者。今回はの目的は彼の独自ルールによる灰村 切と武者小路 祝の殺害にあるようです。ちなみに、

武者小路 祝「切君の首に縄を掛けた人間だ!忘れない!」
中嶋 正義「意外に気が強い!好みじゃねえな!」

そして、武者小路 祝は檻に閉じ込められ、中嶋 正義は裁判官役。

中嶋 正義「いつかの続きを劇でやろうぜ!」
中嶋 正義「敵、敵、ああ、俺様は敵が欲しい!劇だよ、劇。これも芝居だよ。」

彼は劇と称してその劇中で灰村 切と武者小路 祝を殺害しようとしているのです。そして首に縄を掛けられる灰村 切。

中嶋 正義「罪状を否定するならお早めに。」
●死刑執行中
しかし灰村 切は首に縄を掛けられている状態ながらも「断裁分離のクライムエッジ」により中嶋 正義に対して反撃を仕掛けます。

中嶋 正義「苦しいのはお前に罪があるからだ!」

※ちなみに観客は彼等の戦いを舞台劇だと思い込んでいるようです。

灰村 切の攻撃は届かず、中嶋 正義は止めを刺そうとしますが…。

灰村 切「僕は祝ちゃんを護る為に此処まで来たんだ!」

殺害遺品「判決執行のルールブック」、最大の弱点。それは死刑に該当しない(中嶋 正義の独自ルール含む)場合は死に至らしめる事が出来ないというもの。そのため灰村 切は首を絞められて苦しいものの死には至らないのですが…。

そこで突如っ!

※この話、次回へ続きます。

「断裁分離のクライムエッジ」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「断裁分離のクライムエッジ」第7話「銀貨入りの招待状」(ネタばれ注意)
【アニメ】「断裁分離のクライムエッジ」第6話「星をみるひと」(ネタばれ注意)
【アニメ】「断裁分離のクライムエッジ」第5話「殺意のオリエンテーリング」(ネタばれ注意)
【アニメ】「断裁分離のクライムエッジ」第4話「盲目のピアニストと独断専横の死刑執行人」(ネタばれ注意)
【アニメ】「断裁分離のクライムエッジ」第3話「彼の鋏が切るもの」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「断裁分離のクライムエッジ」TVアニメ公式Webサイト
「断裁分離のクライムエッジ」AT-X公式Webサイト