『リーダーを目指す人の心得』

写真拡大

お世辞でも「本の虫」とは言えず、高度成長期に育ったせいか、どちらかといえばテレビ好き、それもニュース・報道に限らずドキュメンタリーからバラエティまでこよなく愛する私にとって、えらそうに書評を出す資格などない。それでも霞ヶ関にはいろんな価値観の持ち主がいて、読書嫌いな奴もいるんだと、一人でもホッと胸をなで下ろしてくれる方がいれば、との軽い気持ちで引き受けた。

ジャマイカからの移民二世にしてニューヨークのストリートキッド、学業成績は振わず何度も挫折、その後奇跡的に陸軍に入隊するも、すさまじい人種差別に遭遇。その怒りを抑えるため自分に言い聞かせた言葉を綴った自伝が『マイ・アメリカン・ジャーニー』。リーダー指南書やビジネス書は巷にあふれるが、あるIT企業のトップから読んでみたらいいと薦められて手にした一冊が、『リーダーを目指す人の心得』。いずれも著者は、ペプシ工場の清掃夫から、黒人として初めて、史上最年少の米軍統合参謀本部議長となり、国務長官にまで上り詰めた立志伝中の男、コリン・パウエルだ。

「戦争嫌いな戦士」としての素顔も

ベトナム戦争に2度にわたって従軍し、湾岸戦争の英雄と賞賛される一方で、武力攻撃へは最後まで慎重姿勢を崩さない「戦争嫌いな戦士」としての意外な素顔も垣間見える。自己主張の強いアメリカ人の中にあって、これほど謙虚なリーダーを見たことがない。ところが、イラクのフセイン政権が大量破壊兵器を保有していると国連で演説(後から真っ赤なウソだったことが判明)し世論を戦争へ導いてしまったことが、今でも悔やんでも悔やみ切れない人生最大の汚点だと、温厚な氏にしては珍しく声を荒げて回想しているのが印象的だ。

彼が座右の銘としている「自戒13か条」は、軍隊という厳しい規律の中から生まれたリーダーとしての実践的な心得を表したものだが、実に平易な言葉で語られているせいか、妙に心を揺さぶられる。事実は小説よりも奇なり、を地でいく感じだ。世の中に虚勢を張る「ボス」はたくさんいるが、人を明るくポジティブにしてくれる謙虚な「リーダー」は数少ない。30年も役人生活を送っていれば、山谷を超える再現不能なドラマがいくつもある。手柄を独り占めにする上司もいれば、修羅場や挫折を何度か経験し、そのつど政策を思い通り遂行できない「くやしさ」をかみしめたものだ。

パウエル氏が「怖くて使えない」日本式製品とは

与えられた責任の重さにこそ違いはあれ、軍隊での強烈な体験を通じて紡ぎ出された言葉の一つ一つに、重みと共感できる輝きがある。「まず怒れ、その上でその怒りを乗り越えろ」――激怒や失望のすばらしい点は、自制心によってそれらを必ず乗り越えていけることであり、翌朝には事態が改善しているものだ。「リーダーとして組織から常に150%の能力を引き出してくれる人物を探せ」「恐れに支配される組織にはしたくない。部下をどなりつけることがリーダーシップだと思い違いするな」――誰もが肝に銘ずべき、説得力あるメッセージだ。

「組織人は、上から引き上げられなければ大成しないが、下から押し上げる力のほうがはるかに強い。下の目をごまかせば、足を引っ張られて消えていく。それが組織社会だ」「汗は自分でかきましょう、手柄は人にあげましょう」――直近の2フレーズはいずれも、我が国の謙虚な政治家の代名詞でもある竹下登元首相が述べた言葉だが、米国の政治家の言葉と不思議と相通じるものを感じた。

陸軍にOBE(Overtaken by Events)という大罪があるらしい。直訳すると「事態においてけぼりを食らう」という意味だ。意思決定は拙速を避けなければならないが、すべての情報が集まるのを長く待ちすぎてもダメ、適切な判断はタイミングよく行うことが重要である、との戒めである。いかなる組織社会においても通用する普遍的な教えだろう。

最後にパウエル氏の人柄を彷彿とさせるエピソードを一つ、引退後、講演活動のため国内外を出張する多忙な日々を送っているが、ホテルに据え付けられた日本式の温水洗浄トイレが大の苦手で「怖くて使えない」というから微笑ましい。

総務省(審議官級)TM

J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。