「木・火・土・金・水」の”じゃんけん関係”って何? 【オフィスで役立つ『風水』基礎知識】

写真拡大

五行の一番おもしろいところは、その「じゃんけん」関係にあります。

木、火、土、金、水、お互いがお互いに影響を及ぼし合っている中で、いかにバランスを取っていくか? というのがトータルな課題となります。

そのじゃんけんですが、5つありますのでグーチョキパーよりは少し複雑です。

主に相手を生かす(活かす)方向性の、陽の関係である相生と、相手を抑えこむ(殺す)方向性の、陰の関係である相剋からなり、その体系を形作っています。

木→火 : 木は燃えて火を生む



火→土 : 物が燃えれば灰となり土になる



土→金 : 土の中で金属や鉱物が育まれる



金→水 : 水は鉱脈にあり



水→木 : 水は木を育てる



木→土 : 木は根を地中に張り、土地を痩せさせる



土→水 : 土は水を吸い取り、時として水をせき止める



水→火 : 水は火を消す



火→金 : 火は金属を熔かす



金→木 : 斧は木を切り倒す



どれもイメージしやすいですよね。

人は、だれもがこの5つの要素から成り立っており、そのバランスが崩れているとよろしくないと。

よくある栄養バランスの表のように、なるたけきれいな五角形を作ることが大切なのです。

例えば風水では、火の要素が少ない人は、木の要素を生活に取り入れてみます。

青い色を身の回りに増やしてみるとか、五穀のうち木に対応する胡麻を摂ってみるとかですね。

逆に、水の要素を弱くすることで、相対的に火を強くすることも有効です。

このように対応するわけです。

ただ、そもそも自分の五行のバランスを算出(命理・四柱推命)するのが非常に難しい。

かなり勉強しないと、きっちり出せるようにはなりませんが、今ではデータを打ち込めばコンピュータが弾き出してくれるサービスもありますので、利用してみるのもいいでしょう。