竜巻被害が今後増加する可能性も

ざっくり言うと

  • 今後、巨大積乱雲などの気象条件が増え、激しい竜巻が頻発する可能性がある
  • 近年は温暖化に伴う大気中の水蒸気量が増えることで積乱雲が発生しやすい
  • 将来は住宅の屋根をはぐF2以上の竜巻が年15回起こる可能性もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング