尾田栄一郎が扁桃周囲膿瘍により入院、『ONE PIECE』が2週間の休載へ

写真拡大

集英社の漫画誌『週刊少年ジャンプ』で現在連載中の人気漫画『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎氏が、扁桃周囲膿瘍のため入院することが同誌のオフィシャルサイト上で発表された。これにより5月27日発売の26号、6月3日発売の27号は休載となる。

集英社は、休載を謝罪するとともに、26号にも掲載される『ONE PIECE』の休載告知において「病名が『扁桃炎』となっていますが、正確には、『扁桃周囲膿瘍』というものだということが分かりました。こちらが正しい病名となります」と訂正。また、同号のアンケートハガキには『ONE PIECE』のタイトルが記載されており、印刷の工程上、修正が間に合わなかったとあわせて告知している。

連載の再開は、6月10日発売の28号を予定。尾田氏は、今年3月にも「作者急病」として『ONE PIECE』を休載しており、ツイッターやfacebookなどのSNSでは尾田氏を心配する声が上がっている。