ホンダ、原付二種のロードスポーツモデル「CBR125R」を発売

写真拡大

本田技研工業は6月17日、水冷・4ストローク・OHC・単気筒125ccエンジンを搭載したロードスポーツモデル「CBR125R」を発売する。価格は39万9,000円。

「CBR125R」は、空力性能とシャープなデザインを両立したカウル形状や、ショートタイプのマフラーなどにより、スポーティーなデザインを実現したという。エンジンは軽量でコンパクトな設計にするとともに、低回転域から高回転域まで扱いやすい出力特性を実現。電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)や6速ミッションの採用などで、52.5km/リットル(60km/h定地走行テスト値)という優れた燃費を実現している。

フレームは、スーパースポーツモデルと同形状のツインチューブフレームを採用。サスペンションは、フロントがテレスコピックタイプ、リアがモノショックタイプとなっており、ブレーキは、スポーツライディングに対応したディスクブレーキを前・後輪に採用した。その他、アナログ式タコメーターとデジタル表示のスピードメーターや燃料残量計などの液晶ディスプレイを組み合わせたインストルメントパネル、パッセンジャーの快適性に配慮した左右別体式のリアグリップなどを装備。

カラーリングは、「ロスホワイト」「ブラック」の2色を設定している。