上が北米路線向け「ふるさと」、下が欧州向け「そらとん」

写真拡大

全日空(ANA)の国際線機内食に、ラーメンチェーン「博多一風堂」運営会社が監修するラーメンが2013年6月1日からお目見えする。ファーストクラスとビジネスクラスで提供され、北米路線(ハワイをのぞく)では醤油味の「ふるさと」、欧州路線では濃厚スープと極細麺が特長の「そらとん」が出される。一風堂のラーメンは、飲食店ガイド「ザカット ニューヨーク」のヌードル部門で11年に1位、12年に2位に選ばれるなど国外の評価も高く、今回のラーメンは機内食専用に開発された。