COD最新作『コール オブ デューティ ゴースト』2013年11月14日発売決定

写真拡大

スクウェア・エニックスは、PlayStation3、Xbox360、Windows向けゲームソフト『コール オブ デューティ ゴースト [字幕版]』を2013年11月14日に発売することを発表した。

『コール オブ デューティ』シリーズは、戦争をテーマとし、世界中でプレイされている大人気ファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)。最新作『コール オブ デューティ ゴースト』は、新型ゲーム機「Xbox One」が発表されたマイクロソフト開催のプレスカンファレンス内で明らかとなり、無政府状態におかれたアメリカで、その原因となった強大な組織に反撃を試み奮戦する精鋭部隊「ゴースト」の戦いが描かれるという。シナリオは、映画『トラフィック』(2000年)や『シリアナ』(2005年)などで監督や脚本を手がけたスティーヴン・ギャガンが担当し、「ゴースト」部隊に所属するベテラン兵士1人1人に焦点をあてた物語となる。

北米・欧州・アジアその他の地域では、米国Activision社が2013年11月5日に販売、日本での販売はこれまでのシリーズと同様スクウェア・エニックスが担当。「字幕版」は2013年11月14日、「吹き替え版」は2013年中の発売を予定している。価格はPlayStation3版、Xbox360版ともに7,980円、Windows版はオープンプライス。初回特典やゲーム内容に関する北米版との差異、吹き替え版の詳細に関しては順次公開していくという。

(C)2013 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY GHOSTS are trademarks of Activision Publishing,Inc. All other trademar