日本の食文化とおもてなしのかたちを学ぶ…和食検定

写真拡大

日本らしさの象徴でもある「和食」。その人気は、日本国内はもちろん海外でも高く支持されています。しかし、どのくらいの人が日本の食文化を正しく理解し実践しているでしょうか。和食検定は、正しい日本の食文化を勉強したいという人にぴったりの検定です。

和食検定とは、一般財団法人 日本ホテル教育センターが実施するもので、日本の食文化を正しく理解し、継承することを目的としています。また、和食そのものだけではなく、おもてなしの技術向上、和食を日本の文化として海外に発信できる人材の育成を目指します。

受験を通して、日本の食文化を総合的に理解して知識を身につけることが可能です。

検定は「基本レベル」と「実務レベル」の2種類があります。基本レベルは和食の料理や食材・マナーに関心があれば誰でも受験できますが、実務レベルは和食に関連する職場で部下の指導に当たる人を対象としており、基本レベルの認定を受けた人しか受験できません。

・実施スケジュール

毎年2月と10月に試験を実施しています。

通常は試験実施日の約3カ月前から申込み開始。

・試験内容

基本レベル・実務レベルともに、マークシート方式の筆記試験で200問出題(90分)。

基本レベルの出題項目…料理・接遇・和食基礎英語

和食関連業界への就職を目指す人や、和食・マナーに関心のある人が対象。日本料理の歴史や基礎知識、しきたり・マナー、料理や接遇についての基礎的な英語に関する問題が出題。

実務レベルの出題項目…振舞・伝心・和食応用英語

着物や和室に関する知識と振る舞い方、飲食店でのマネジメントや新人育成の方法、和食店における英語の挨拶などから出題。

・1級と2級

和食検定での1級・2級の区分は下記のようになります。

・各項目60%以上正解し、全体の正答率が65%以上85%未満の受験者は2級に認定

・各項目80%以上正解し、全体の正答率が85%以上の受験者は1級に認定

基礎レベル2級に認定された人は、再び基礎レベルに挑戦し1級を目指すこともできますが、実務レベルの試験を受けることも可能です。同様に、実務レベル2級に認定された人は実務レベル1級を目指して再受験できます。

資格取得の準備過程で、和食に関連する知識やしきたり、マナーについて学んだことを、そのまま和食関連の飲食業・サービス業などに生かすことができるでしょう。実務レベルの資格を認定された人は、取得した知識をもって接客に対する人事評価などの経営面に反映させることも可能です。

しかし、たとえ仕事に生かさなくても、和食・日本の文化への理解と知識を深めることができます。日本の食文化に興味がある人や和食のマナーなどについて学びたい人にもおすすめです。