ゆがみや猫背も正す、デスクワークでこった脚の対策 - 1日1分からの筋トレ

写真拡大

整体師の大山奏です。座っていれば筋肉は疲れない、と思っている人も多いかもしれません。実際は座っている状態でも筋肉は働いており、太もも〜ふくらはぎが固くこってしまいます。そこで今回は足の疲れをほぐす、太もも〜ふくらはぎのストレッチを紹介します。

Step1:仰向けに寝る



Step2:片脚をまっすぐ上に伸ばす



Step3:脚を伸ばしたまま身体の内側に限界まで傾ける



Step4:脚を身体の外側に限界まで傾ける



注意点は膝が曲がらないこと、かかとを突き出すようにすることです。試してみるとすぐに分かると思いますが、足首を伸ばした状態と自分の方に曲げた状態では、ストレッチの効果が全く違います。

Step2〜4の状態では、それぞれ30秒ずつキープしてみてください。横に開いた脚を元に戻す時には、必ず一度真上に上げた状態に戻してからゆっくり下しましょう。

身体が柔軟になってくると、脚を内側に倒した時にお尻の筋肉も一緒にストレッチできます。身体の外側に倒すと股関節の可動域が増え、骨盤のねじれ解消にも効果があります。

太ももの裏の筋肉が固まってしまうと、骨盤が後ろに倒れてしまい、背骨にまで影響を与えて猫背になりやすくなります。ストレッチを少しずつ続けることで、全身の筋肉をストレスのない状態に戻すとともに、ふだんの姿勢からくる骨のゆがみもとれてきます。

深呼吸しながら身体をほぐすこのストレッチは、リラックスタイムとして身体全体の不調を整えたり、眠りの質を高める効果もあります。毎日1分、身体のストレスを取り除く時間を作ってみるといいですよ。