男性が彼女に「距離を置こうか」と言う理由

写真拡大

大好きな彼氏から突然「距離を置きたい」と言われてしまったら、頭が真っ白になってしまうでしょう。そして気になってくるのが「そもそも、『距離を置きたい』って、どういう意味?」ということです。「別れたい」ではないから、交際を終わりにしたいわけではないのだろう。でも連絡をとらず、デートもしない関係になるってどういうことだろうなどと、混乱してしまうことがほとんどのはず。

彼と別れたくない、嫌われたくないと思いながら、この話を受け入れてしまう女性もいるかもしれません。でも、なんとなく釈然としない。そして、これからどうしたらいいのかもわからない。そんな時には、どうやったら元通りの関係に復縁できるのでしょうか。

■「距離を置こう」という男性の本当の気持ち

そもそも、「距離を置きたい」と男性が切り出すのは、さまざまな理由が考えられます。何かの理由があって、冷静に関係を見つめ直したいという場合。あなたの束縛がきつくて、少し息抜きをしたいという場合。もめるのを避けるために、「別れたい」と言いたいところを「距離を置こう」とソフトな言い方にして、徐々に自然消滅しようと思っている。などなど、いろんな思惑があるでしょう。

しかし、彼の恋愛心理を完璧に見破る方法というものは、現時点ではありません。どうしても気になるのならば、彼から直接話を聞いてみるのが一番確実です。「私に、何か至らないところがあった?」と思い切って聞いてみましょう。そこで話し合いが持てれば、ちゃんとした理由が聞けるでしょうし、何も言ってくれないようであれば、もうあなたとの関係を終わりにしたいというサインかもしれません。

■「距離を置く」とは、どういうことか

「距離を置こう」と言われてしまったとしても、彼に気持ちが残っているのなら関係を元に戻したいものです。それでは、どのくらいの時間があれば、彼は戻ってきてくれるものなのでしょうか。

だいたいのカップルの場合には、その期間は「未定」であることがほとんどです。「1カ月間距離を置こう」なんて、はっきりとその期間を指定してくる男性はあまりいません。こういう場合には、相手の気が済むまで待たなければいけないでしょう。

また、その間は基本的にデートも、電話も、メールもしないように言われてしまうかもしれません。女性側から連絡を取るのはNGです。どうしても用事があるといった場合を除いては、相手にしつこく電話をしたり、メールを送ったりするのは控えるべきでしょう。

彼を待つコツは、「待ちすぎない」こと。毎日彼のことばかり考えて家に閉じこもっているようでは、あなたが壊れてしまいます。気晴らしに出掛けたり、ストレスを解消するようなことを始めてみたり、自分磨きをするなどして「待つ女」であることをやめるべきでしょう。