『箱入り息子の恋』で星野源と夏帆が織りなす吉野家のシーンが泣けると評判!/[c]2013「箱入り息子の恋」製作委員会

写真拡大

星野源夏帆が共演したラブストーリー『箱入り息子の恋』(6月8日公開)で、牛丼チェーンの吉野家が熱い視線を浴びそうだ。吉野家は、星野源扮する35歳の冴えない公務員・健太郎と、夏帆扮する盲目の美しい女性・奈穂子が心を通わせる、とても大切なデートスポットとして登場。本作の公開を記念し、本作と吉野家のコラボ企画が実現。なんと公開初日に映画を見に来た方、先着7000名(一部劇場を除く)に、牛丼並盛一杯無料券が配布されることが決定した!

【写真を見る】星野源と夏帆がこぼれるような笑顔!吉野家のシーンのメイキング画像はこちら

主人公の健太郎は、内気で愛想がなく、唯一の友人はペットのカエルだけというイケてない公務員だ。彼を心配した両親が、親同士の代理見合いに参加したことがきっかけに、健太郎は裕福な家庭で育った美人の奈穂子(夏帆)と見合いをすることになる。そこで奈穂子が盲目だと判明し、両親同士はぎくしゃくするが、ふたりは互いに惹かれ合っていく。でも、彼らの恋の行く手には、いろんな障害が待ち受けていた。

吉野家は、健太郎と奈穂子が、仲良くランチをするというホットな場所だ。目が不自由で、庶民的な牛丼屋には初めて入った奈穂子だが、健太郎と穏やかに過ごす吉野家での時間は、この上なく幸せなひととときとなる。ここで、ふたりの幸せがマックスに描かれているからこそ、後半で迎える吉野家の別のシーンでは、切なさがマックスとなり、観客から涙を搾り取ることになりそうだ。

そこで吉野家が一肌脱ぎ、『箱入り息子の恋』にエールを送る特別コラボ企画を実施。5月24日(金)からほぼ全店で、本作の吉野家バージョンのポスターを掲示し、30分に1回、店内放送で本作の作品紹介を流すという。さらに太っ腹な初日来場特典として、吉野家牛丼無料券が来場者に配られる。この吉野家と「箱入り息子の恋」のコラボ無料券は、吉野家全店で使えて、牛丼並盛りが1杯無料になる。合計、7000杯の牛丼が初日来場者に振る舞われるというから感激だ(※取り扱いの劇場、プレゼント方法等の詳細は各劇場により変わります。最寄りの劇場までお問い合わせください)。

実際に、いち早く本作を試写で見た関係者や映画評論家の方々からは、「とにかく吉野家に行きたくてたまらない」、「牛丼が食べたくなった」、「吉野家のシーンは涙が止まらなかった」といった感想が寄せられている。この琴線を揺さぶり名シーンは、スクリーンで見てほしいが、どうせ行くのなら初日狙いで訪れることをおすすめしたい。【MovieWalker】