1年ぶりに涙の再会を果たした菅野美穂と木村美千子さん、阿部サダヲ

写真拡大

俳優の阿部サダヲと女優の菅野美穂が5月20日、共演した映画「奇跡のリンゴ」のプレミア試写会が行われた青森のワーナー・マイカル・シネマズ弘前に、メガホンをとった中村義洋監督とともに登場した。ふたりは、同作のモデルとなった木村秋則さん、美千子さん夫妻と約1年ぶりに再会。この日、初めて映画を見た美千子さんに花束を渡した菅野は、感極まり「おふたりの役を演じさせていただいて、本当に幸せでした」と大粒の涙を流した。

同作は、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」制作班が監修した「奇跡のリンゴ 『絶対不可能』を覆した農家・木村秋則の記録」(石川拓治著/幻冬舎文庫刊)が原作。妻の体調不良をきっかけに、不可能と言われたりんごの無農薬栽培に取り組んだ夫婦の11年にわたる軌跡を、全編オール弘前ロケで描く。この日は、阿部と菅野が公開を記念し、秋則さんが営むりんご園で苗木を植樹した。その様子を見守った秋則さんは「私も、私の子たちも末代まで守っていきます。実ったら連絡するから、ぜひ収穫に来てくださいね」とほほ笑んだ。

妻の美千子さんは、3年前に病に倒れ現在はリハビリ中だといい、プレミア上映が行われた同館には車椅子に乗って来場した。劇場後方で観賞していたが、秋則さんは本編途中で離席したそうで「映画があまりにも現実的で、まともに見ることができなかったのです。それほど阿部さんと菅野さんが、私と女房が体験したことを同じように演じてくださった」と感無量の面持ち。阿部や中村監督と固い握手を交わしていた。そして美千子さんは、涙ながらに「今日は本当にありがとうございました」と繰り返し話すのが精いっぱいだった。

阿部、イベント終了後に取材に応じ「美千子さんが小さな声で『お父さん、ありがとう』と言っているのが聞こえて、ジーンとしちゃった。素敵な夫婦愛を感じた」と振り返り、菅野は「言葉が出なくなってしまって……。見ていただくまでドキドキしていましたが、本当に良かった」と安堵の表情を浮かべた。「無農薬栽培に11年間も挑戦し続けられるか?」という質問には、「1年も持たないかも。りんごをあきらめて、妻の病気が治る場所へ引っ越すんじゃないかな」(阿部)、「私も1年持つかなあ……」(菅野)と明かし、改めて木村夫妻の長きにわたる苦労に思いをはせていた。

「奇跡のリンゴ」は、6月8日から全国で公開。

■関連記事
【予告編】「奇跡のリンゴ」
菅野美穂、無敵の夫婦目指す!結婚後初登場で会心の笑み
阿部サダヲ&菅野美穂「奇跡のリンゴ」予告完成!あきらめない心と家族の絆描く
阿部サダヲ主演「謝罪の王様」特報が初公開 ポスター画像もお披露目
榮倉奈々“恋敵”菅野美穂の気迫に「ひざガクガク」