“バラ”が主役のスペシャルイベント「熱海ローズフェスティバル2013」開催☆

写真拡大

熱海っていうとどんなイメージ? なんか古くさい温泉街でしょ・・・と思っていたら大損しちゃう! 古き良き昭和の新婚旅行のメッカ、東洋のモナコとも呼ばれていたくらいの熱海の魅力はまだまだ健在。目玉はアカオハーブ&ローズガーデンで開催中(〜6月30日(日))の咲き誇るバラを主役にしたスペシャルイベントの「熱海ローズフェスティバル2013」。なんとこのアカオハーブ&ローズガーデンは世界中から集めたバラやハーブを楽しめる11のテーマガーデンを擁する20万坪の広大な花の楽園なんだって。どんなイベントなのか、さっそく広報担当者にお伺いしてみると・・・。

「春はアカオハーブ&ローズガーデンが一年を通し最も見頃を迎える季節です。そんなガーデンが華やぐ季節に『熱海の薔薇に癒される休日』を合い言葉に“バラ”を主役にしたスペシャルイベント『熱海ローズフェスティバル2013』を開催しております。5〜6月はガーデンで一番最も華やぐバラのシーズンで、ピーク時には約600種4000株のバラが園内で一斉に咲き誇ります。たくさんのバラに囲まれながらお庭散歩、バラのマルシェでの喫茶、手作り体験やランチなどもお楽しみいただけます。特におすすめはバラのマルシェの『バラのアイスクリーム』で、アイスの上にバラの花びら入りジャムを添えた香りが素敵なアイスクリームはガーデンでしか食べられない商品です。その他、日にち限定で、コンサートやガーデナーによるガイドツアー、大道芸、動物ふれあい広場など、バラの花に囲まれながら様々なイベントもお楽しみいただけます。」とのこと。

東京から新幹線で約50分の身近なリゾート地だから、日帰りでもたくさん楽しめちゃう! 彼と一緒にプチトリップ気分で楽しむのもよし、女友達との女子会で堪能するのもよし…。これはもう春の旅行は熱海で決まりだね♪