涙ソムリエ・嵯峨崇司氏も太鼓判の感動作

写真拡大

切ない親子愛を描いた感動作「くちづけ」の公開を記念し5月21日、能動的に涙を流すことによって心のデトックスを図るイベント“涙活(るいかつ)”とのコラボレーション試写会が都内で開催された。上映前には“涙ソムリエ”の嵯峨(さが)崇司氏による詩の朗読が行われ、観客を心地良い“涙”の世界へと誘った。

劇作家で俳優の宅間孝行が主宰し、2012年をもって解散した劇団「東京セレソンデラックス」の名作舞台を、堤幸彦監督が貫地谷しほりを主演に迎えて映画化。知的障害者の自立支援グループホーム“ひまわり荘”を舞台に、知的障害のため心が7歳児で止まってしまった純粋な娘マコ(貫地谷)と、父親で元人気漫画家のいっぽん(竹中直人)が織りなす父娘愛を描き出す。

近年、OLやサラリーマンの間で密かなブームとなっている“涙活”。それぞれの人の泣きのツボにあったコンテンツを提供する“涙”のエキスパート・嵯峨氏も、試写会などで号泣する人々が続出しているという本作を観賞した。「涙は見たお客さんの結果なので、僕はいわゆる“お涙ちょうだい”ものは避けます。だから本作のように“今年一番泣ける映画”というようなものは、正直どうかなと思っていた。涙ソムリエをやっているので自分が泣いてしまっては仕事にならないと思って見たけれど、これは非常に泣けました」と“感涙”の太鼓判を押した。

嵯峨氏は親子愛を描いた本作にちなみ、自身が亡き父に向けて書いた詩「想像します」を朗読。「ただ、ただ想像します。貴方を想像することが出来なかった貴方との会話をすることだと思うのです」と綴られた詩に、観客は聞き入っていた。上映後には“涙友(るいとも)タイム”も設けられ、参加した観客たちが映画の感想などを語り合った。

「くちづけ」は、5月25日から全国で公開。

■関連記事
【特集】「くちづけ」
【インタビュー】貫地谷しほり&竹中直人「くちづけ」で紡いだ究極の親子愛
貫地谷しほり、竹中直人との“父娘デート”プランを提案
貫地谷しほり×堤監督「くちづけ」主題歌はアン・ルイスの名曲カバー
東京セレソンデラックス「くちづけ」を堤幸彦監督、貫地谷しほり主演で映画化