ネットの噂

写真拡大

気づけばあっという間になくなってしまうスマホの電池。電池の減りを最小限にしようと、ネットでは充電にまつわるさまざまな噂が飛び交っています。

そこで、今回はauのiPhoneテクニカルサポートのお姉さんに、噂の真相を聞いてみました!iPhone以外のスマホユーザーもぜひ参考にしてくださいね。

■噂その1:スマホの電源はたまに切ったほうがイイ?

価格.comクチコミ掲示板の投稿「電源はたまには切るべきですか?」でも様々な意見が寄せられているこの噂。快適に使えていたら再起動しないなんて人も多いのではないでしょうか。サポートの方の回答は

「もし可能であれば1日1回切っていただくのが最適な方法かと思います。パソコンと同じで、つけたままですと動きが遅くなってしまいます。再起動すればキャッシュがクリアした状態で使っていただけます」

とのことでした。キャッシュファイル(一時保存ファイル)が多いと動作が重くなってしまい、結果的に電池を消耗してしまいます。特にアプリをたくさん起動させた場合は、再起動で軽くしたほうが電池にも優しいってことですね。

■噂その2:なるべく0%に近い状態で充電したほうがイイ?

これもよく耳にする噂ですね。しかし、いざという時のためにこまめに充電したい気持ちもあります。サポートの方の回答は意外なものでした。

「特に電池の残り具合というのはあまり影響はないかと思われますが、充電しながらの操作は熱を持ってしまいがちなので、減りが早くなってしまう恐れがあります」

充電のタイミングはそんなに気にしなくていいんですね!使い切って充電するといいのはニッケル水素電池やニッケルカドミウム電池なので、最近のスマホに使われているリチウムイオン電池とは関係ないようです。

しかし充電しながらスマホをいじるのはあまりよくないとのこと。長時間のゲームなどは充電器から外してプレイしたほうがよさそうです。さらに、

「100%充電していただいて、すべてを使い切ったのち、もう一度充電していただくと改善ができる場合もございます」

とのアドバイスも。購入直後のスマホで一度使い切って再充電すると、電池の「活性化」になると三洋電機社員さんが以前見解を出していました。購入後しばらく経っていても改善される可能性があるんですね。

気になる方は試してみてはいかがでしょうか?

※機種や使用環境などにより効果に差の出る可能性がありますのでご注意ください

■関連記事

「iOS6で電池消耗がヤバイ!? バッテリーを長持ちさせる5つの方法」

「スマホバッテリーを長持ちさせるなら絶対避けたいNG行動3つ」

「充電切れとはおさらば!いつでもどこでも使える便利充電器」

参考:そこが知りたい家電の新技術 三洋電機「eneloop mobile booster」

au iPhoneテクニカルサポートで対応していただいた担当者様、ありがとうございました!

(ライター:らいら