世界での登録利用者が1億5000万人を突破したスマートフォンアプリ「LINE」。人気の秘訣として、無料通話機能やスタンプ機能が挙げられるが、『LINE POP』や『LINE バブル』『LINE PLAY』など、LINEのキャラクターが登場する無料ゲームもその人気を支えている。

 4月には、新作『LINE JELLY』も登場した。同じ色のブロックが3つ以上ならんだら、そこを素早くタップする。すると、ブロックが超高速で消えていく。制限時間内により多くのブロックを消していき、「爽快感のラッシュで脳リフレッシュ」(公式)がその魅力だという。

 ますますラインナップは増えていくが、その一方でLINEゲームの愛好家からは不満の声も出ているという。1日の空き時間のほぼすべてを『LINE POP』に費やし、超高得点を取り続けているという自称『LINE POP信者』の男性(24歳)は、次のように語る。

「LINEのゲームは全てアプリをダウンロードしてプレイしています。今回も新リリースをとても楽しみにしていました。しかし、いざプレイしてみたら、ほとんどメソッドが『LINE POP』と同じなんです。

 新しい点といえば、『LINE POP』が同じブロックを3つ揃えてから消すのに対して、『LINE JELLY』は3つ揃っているところをタップして消すというところ。高速で消えることを売りにしているようだけれど、そうすると“数打ちゃ当たる”という感じになってしまい、動体視力やセンスというよりも『運ゲー』に近くなってしまう。やっぱり最初の『LINE POP』を超えるものは出てきてませんね」(前出男性)

 LINEは今後、『LINE POP』を超えるゲームを生み出すことができるか、そこをファンは期待している。