恐怖ピラミッドヘッド“降臨”、映画「サイレントヒル」新ポスター。

写真拡大

大ヒットゲームを完全映画化した「サイレントヒル:リベレーション3D」の新ポスターが5月21日に解禁。大人気クリーチャーのピラミッドヘッドが降臨した、ファンにはたまらないビジュアルになっている。

主人公へザーの恐怖におののく姿、そして暗闇の背後にピラミッドヘッド(※「サイレントヒル」公式サイトで開催された人気クリーチャー投票でも1位を獲得)が“降臨”している姿を映し出したこのポスター。思わず逃げ出たくなるが、逃げられない、その緊迫した様子がビシビシと伝わってくる一枚だ。

世界各国で大ヒットを記録した「バイオハザード」シリーズの製作陣が放つ本作は、雪のように灰が舞うサイレントヒルの情景、奇怪にして獰猛なクリーチャーの完璧な映像化を成し遂げ、あらゆる観客に極限の戦慄体験をもたらす作品。幼い頃の記憶を失った美少女ヘザーを主人公に、彼女の忌まわしい生い立ちとサイレントヒルの呪われた真実をめぐるミステリーを描き出していく。

最先端の3D技術を駆使した灰の街やクリーチャーは圧倒的な存在感を放ち、あたかも「サイレントヒル」の街に迷い込んだと錯覚を覚えるほどの体験が味わえること間違いなし。まさにハイクオリティと言える作品に仕上がっている。

「サイレントヒル:リベレーション3D」は、父親ハリーに守られるようにして各地を点々と移り住み、夜毎サイレントヒルという謎の街でおぞましい“何か”に追われる悪夢にうなされている、他の同世代の女の子たちとはまったく異なる人生を歩んできた18歳のヘザーが主人公。

ある日、父親が不可解な失踪を遂げ、壁には「サイレントヒルに来い」という血文字が残されていた。遂に彼女はサイレントヒルに足を踏み入れてしまう、と突然鳴り響いたサイレンを合図に街は闇に飲み込まれ、想像を絶する恐怖に遭遇する。父を捜すため、さらに迷宮の奥深くへと身を投じたヘザーは、自らの封印された出生の秘密、そしてサイレントヒルの呪われた真実を探り当てていくのだった――。

7月12日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー。