音楽界重鎮の愛娘ラシダ・ジョーンズ日本滞在記

写真拡大

[シネママニエラ] 新連載【映画ミューズ写真】の第1回は、音楽界の重鎮クインシー・ジョーンズの愛娘ラシダ・ジョーンズ[Rashida Jones]。このたび映画『セレステ∞ジェシー』のプロモーションで来日した彼女の日本滞在記をお届け!

【ラシダ語録】「シリアスになるまで複数の人と同時に付き合うのも当たり前」

成田から都内のホテルに直行。長旅の疲れを癒すために、ホテル内のジムでランニング&スパ。そして渋谷へ。ティータイムは「ドトールコーヒー」にて、「日本のコーヒーはなんて美味しいの!」と感激し、遅れて来日する友人のウィルにメールするのだった。再びホテルに戻り、翌日からの映画プロモーション活動に備えて自身でネイルを施す。「ジェルネイルは自分で取り外すことができないのでシンプルなマニュキュアが好き」だそう。

ラシダ・ジョーンズ[Rashida Jones]


ディナーは西麻布のミシュラン一つ星レストラン「LA BOMBANCE」で舌鼓、あまりのおいしさに「私、毎日日本食だけで暮らせる!」と豪語するほど。が、食事の途中に時差ボケによる睡魔に襲われウトウトする一幕も。締めの雑炊で覚醒し、デザートもペロリと平らげてしまう。

滞在2日目のランチは恵比寿のイタリアン。日ごろから小麦粉はあまり食べないようにしているラシダは、パスタの代わりに魚料理に変更した。ここでも、お話し好きのラシダとしばし恋愛トーク。「アメリカでは特定の相手とシリアスになるまでは、最初は複数の人と同時に付き合うのも当たり前で、自分もそういうタイプよ」ですって!なるほど。その後、夕方にインタビューが終わるや、すぐさまタクシーで表参道ヒルズに直行し、念願だった「イヴ・サンローラン」のボストンバック・黒のダッフル6を即買いして、大喜び! この日の夜は、キューバ人でNYの友達であるホセのアート展示会に行って、丸の内でディナー。

滞在3日目のランチは恵比寿「ブラッカウズ/BLACOWS」。ファストフード・ハンバーガーは4年ぶりに食べるとのこと。とても美味し過ぎると、とろけ顔。ちょうど隣のテーブルには、 5か月ぐらいの赤ちゃんを連れたお母さんが。ラシダはその赤ちゃんがとても可愛いとニコニコ笑顔であやす。この日は、「BUCOLIC & FROLIC」にて主に衣類を大量にお買い上げ。

ほかにも滞在中にファッションイベントで浅野忠信と出会ったり、京都に出かけたり、桜で満開の目黒川を散策したり、お友達の紹介でVERVAL(m-flo)とは、立ち飲みで有名な「渋谷 なるきよ」で食事しカラオケに行くなど滞在中は、毎日を思い切りエンジョイしたラシダ・ジョーンズでした。

---------------------------------------
そんなラシダが主演するインディーズ映画『セレステ∞ジェシー』は、ラシダ・ジョーンズとウィル・マコーマックの共同脚本作品。監督は、俳優として『ケイティ』『シリアナ』に出演したリー・トランド・クリーガーが務めている。
セレステ(ラシダ・ジョーンズ)とジェシー(アンディ・サムバーグ)は高校時代からの付き合いで結婚。ところがふたりにスレ違いが生じ30歳で離婚するが、今後は親友でいようとするものの……。

原題=CELESTE AND JESSE FOREVER
日本公開=2013年5月25日
配給=クロックワークス
公式サイト=http://celeste-and-jesse.com/
cC & J Forever, LLC.All rights reserved.


――最新の「映画ミューズ写真」記事はこちら

ラシダの出身大であるハーバードが舞台の映画

ソーシャル・ネットワーク [Blu-ray]ソーシャル・ネットワーク [Blu-ray] [Blu-ray]
出演:ジェシー・アイゼンバー
出版:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(2011-12-21)