iPhoneが熱くなったら起こること

写真拡大

時にカイロのように、ぽかぽかあったかくなるiPhone。本体温度が高くなると、バッテリートラブルの原因になることもあります。必要以上に熱く感じられるとき、下記のような動作が起こったときは、本体の電源を切り、涼しいところへいったん避難させましょう。

■iPhoneの動作可能な温度範囲

iPhoneの動作可能な温度範囲は、使用中は0〜35℃、保管中はー20〜45℃です。この環境で利用していても、駐車中の車の中や直射日光の下などではiPhone本体温度がこれを上回ることがあります。その場合は、内部の部品やソフトを守るため、自動的に保護機能がはたらくようになっています。具体的には、下記のような動作が起こるようです。

■充電が停止する

iPhone本体が高温になった場合、それを知らせるシステムメッセージとともに充電が停止されます。電源を切って涼しいところへ置いておき、温度が下がってから、もう一度充電しましょう。

■ディスプレイが暗くなる、表示されない

iPhone本体が高温になると、それを知らせる警告メッセージが表示され、ディスプレイが暗くなるか、オフになることがあります。ただしカーナビなどのルート案内表示時には、音声案内機能だけは働くようです。また曲がり角に近づいた場合、ディスプレイが発光して曲がるように指示もしてくれます。

本体を通常通りの画面に戻すには、本体の温度が十分に下がってから、ホームボタンを押しロック解除することで元通りに戻すことができます。

■通話が低電力モードになる

通話中に本体温度が高くなると、iPhoneは低電力モードに自動的に切り替わります。その際、電波が弱くなることがあるようです。

■カメラのフラッシュがたけない

カメラ起動中に本体温度が高くなった場合、フラッシュがたけなくなります。涼しいところで本体を冷やし、温度を下げてからもう一度利用してみましょう。

■iPhoneが熱くなりやすい環境や条件

直射日光の当たる暑い場所や、夏場の車内など、高温になりやすい環境で衛星利用測位システム(GPS)やグラフィックの多いゲームを長時間続けていると、本体温度があがりやすくなるため要注意です。日陰に本体を移したり、風の当たる場所で利用したりするなど、夏場に長時間iPhoneを使う場合には本体の置き場所を工夫しましょう。