東京都・池袋の東武百貨店、女子向けどら焼き「とらロン」「どっフル」発売

写真拡大

東武百貨店池袋店は22日、女子会向けの菓子「どらロン」「どっフル」を発売する。

同商品は、女子会などの新たなライフスタイルにマッチした手土産を求めている女性顧客と、「ラスク」「バウムクーヘン」に次ぐ人気手土産で入店客を増やしたい東武百貨店、若い客層の取り込みを狙う老舗和菓子店「梅園」の3者が共同で開発したもの。「女子会に持っていける、ちょっと驚きのあるプチプレ(ゼント)」をテーマに企画されたという。

「どらロン」は、まるでマカロンのような、直径約4cmのカラフルなミニどら焼。ストロベリー・レモン・オレンジ・ブルーベリー・メロンの5種類のフルーツ果汁入り羊かんをまとい、中には白あんをサンドした。しっとりとしたどら焼生地とあん、フルーツ羊かんの意外な組み合わせが楽しめるという。パッケージもマカロン風で女子会のプチプレゼントに向くものとした。価格は5個入り840円。

「どっフル」は、もちっとした生地に、ブルーベリー・コーヒー・新しょうがのあんをはさんだ、ワッフルのような形のどら焼。ブルーベリーはドライフルーツのブルーベリー入りで爽やかな酸味に、コーヒーは香り高くマイルドに、新しょうがはおろししょうが入りでピリッとした辛味にと、それぞれの素材を生かした味わいとした。価格は1個179円。両商品とも、販売は東武百貨店 池袋店 地下1階6番地特設会場で行う。