セブン&アイ×東洋水産、ダシが利いたスープに生麺感覚の「金の麺」発売

写真拡大

セブン&アイ・ホールディングスと東洋水産は、共同開発したセブンゴールド初の袋ラーメン「セブンゴールド金の麺(醤油味)」を、1都3県(東京都、千葉県、神奈川県・埼玉県 一部除く)のセブン-イレブン店舗のほか、イトーヨーカドー、そごう・西武等の一部店舗から順次発売する。

同商品は麺やスープにこだわり、つるみとコシのある“生麺”のような食感の麺を実現。スープは鶏ガラをベースに、魚介エキスを加えたダシ感のあるスープを開発した。生麺のような麺とのバランスも考え、コクのあるスープに仕上げている。

販売は5月21日から。1都3県のセブン-イレブンから順次拡大し、6月中に全国展開予定。イトーヨーカドー、そごう・西武、シェルガーデン、ヨークベニマル、ヨークマートでも一部店舗から順次発売する。価格は5食入り345円。1食69円。