【SIHH2013新作情報】『ピアジェ エンペラドール・クッション オートマティック ミニッツリピーター』が登場!
GP07_V3.01_R.jpg2013年1月21日〜25日にスイス・ジュネーブで開催された SIHH(Salon International de la Haute Horlogerie=国際高級時計サロン)にて、PIAGET(ピアジェ)は、『ピアジェ エンペラドール・クッション オートマティック ミニッツリピーター』を発表しました。


(写真は、『ピアジェ エンペラドール・クッション オートマティック ミニッツリピーター』税込予価3255万円)
ピアジェは、1957年から極薄ムーブメントの分野でその専門性を育んできました。ピアジェが培ってきた技術と創造性を新たに具現化した『ピアジェ エンペラドール・クッション オートマティック ミニッツリピーター』は、この時計の属するカテゴリーにおいて、キャリバーの厚さ4.8mm、ケースの厚さ9.4mmと新たにふたつの記録を樹立しました。この類稀なモデルは、マニュファクチュール・ピアジェのふたつの工場‐キャリバー製造を行うラ・コート・オ・フェ、ケース製造を担うプラン・レ・ワット‐に集約された高度な専門技術によって、すべての工程が一貫して自社内で行われました。またキャリバー1290Pには、最高級の仕上げが手作業によりあしらわれています。



GP04_V3.01_R.jpgミニッツリピーターとして、キャリバーの厚さ4.8mm、
ケースの厚さ9.4mmと新たにふたつの記録を樹立しました。
 
 
 
このモデルに搭載されたムーブメント1290Pの開発には、専任の6人の技術者が3年の歳月を要しました。キャリバー1200P(世界最薄自動巻ムーブメント)をベースに開発された1290Pは厚さたった4.8mm。そして、407個という部品数にも関らず、この分野で最薄記録を更新しました。歯車の中には、髪の毛の太さ(0.08mm)とほぼ変わらない厚さ0.12mmのものもあり、また部品には0.07mmほどの厚さしかないものもあります。マイクロローターは、最小限の厚さで最高の巻上げの力を保証するため、プラチナで製造されています。さらに極薄時計の限界に挑むため、ハンマーの受け側への配置、リピーターのスライド機構の配置の逆転 (上ではなく下に向けて押す)など、構造においていくつかの変更が必要とされました。また、精度においても1290Pはいかなる妥協も許していません。このキャリバーには、59分目の最後の瞬間に次の正時へと最高のジャンプができるよう、またミニッツリピーター機構が秒単位でより正確な時刻を表示させるよう、秘密のパーツが搭載されています。



GP01_V3.01_R.jpg
 髪の毛の太さ(0.08mm)とほぼ変わらない厚さ0.12mmのものもあり、
また部品には0.07mmほどの厚さしかないものもあります。
 

 
音の伝達にはケースが重要な役割を果たすため、直径48mmのケースには数々の技術的な偉業が施されています。音が最高の状態で響くよう、ケースにはできる限りの透かし細工が施され、キャリバーとケースの間に配された4つの支柱によりゴングの振動がうまく伝達されるようになっています。こうした理想的な音の伝達は、ムーブメントと外部(4つのスクリューを介した珍しい仕組み)の両方に相互に連結したゴングの土台により強調されています。また時計の防水機能を確保するために設計され、ベゼルの下に配された機構も極めて独創的なものです。
69個の部品を含みながら厚さわずか9.4mm。世界で最も薄い自動巻きミニッツリピーターのケースは、マニュファクチュールに集約されたあらゆる専門技術を集約させました。最高級の技術、この上なく純粋な音色、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げを交互に配した美しい仕上げを中心としたデザイン的な魅力と、これら3つの目的がバランスよく、どれも劣ることなく追求されました。ピアジェ エンペラドール・クッション オートマティック ミニッツリピーターのケースの開発には、1400時間も費やされています。
9時位置に配されたリピータースライドを作動させると、ミニッツリピーターを好きな時に聞くことができますが、音はその際、ハンマーが打つゴングの振動により生成されます。このハンマーは、重量比に対して最適な硬度のスチールで作られています。一方、ゴングは、ムーブメントとケースを通じて振動が‐つまり音が ‐ 強い状態で伝達されるよう、ひとつの部品で構成されています。また、音が響いている間、ずっとその純粋な音色が保たれるようキャリバーには慣性体のフライホイールが搭載され、音の鳴り始めから終わりまでのリズムを調整する役割を果たしています。通常の会話の音量は、平均65デシベル程度ですが、キャリバー1290Pは64デシベルもの音量でこの上なく強く、純粋な音色を響かせます。時間の音は第5オクターブのト♯(G#)で、分は同じオクターブのラ♯(A#)で調整されています。音は、ダンピングファクター2600という最高の制動係数で継続します。



GP13_V3.02_R.jpgキャリバー1290Pは64デシベルもの音量でこの上なく強く、純粋な音色を響かせます。


 
キャリバー1290Pは、これまでのピアジェの製品の中でも最高の“ピアジェ イマージュ仕上げ”という最高級の仕上げが、初めて実現されています。「常に必要以上に良いものをつくる」という、ブランドのモットーを具現した、これらの装飾はすべて手で施され、ムーブメントの全部品にやすり(切削工具)が使われています。キャリバー1290Pは、内角と外角を交互に完璧に統制された幾何学的模様を配し、時計製造の仕上げにおける、最も洗練された表現をとっています。手作業で面取りされ、手でやすりを使って、打ち延ばした受け、サンレイパターンまたはサーキュラーパターンのサテン仕上げの歯車、ピンクゴールド加工されたスクリューとローター、ミラーポリッシュを施した仕上げ。このような驚くほどの美しい仕上げには、熟練した職人による最高の技が必要とされます。慣性体のフライホイールを披露する文字盤の窓からはピアジェのモットーも伺えます。それによって強調されたキャリバー1290Pの仕上げには、それだけで70時間以上が費やされています。



GP08_V3.06_R.jpg“ピアジェ イマージュ仕上げ”という最高レベルの仕上げとなったキャリバー1290P。
仕上げだけで70時間以上が費やされています。


 
伝統と現代性の巧妙な融合から生まれたキャリバー1290Pのデザインは、独創的なバランスを呈したデザインが特徴です。受け側には、マイクロローター、ピアジェの“P”が記された緩急装置、サーキュラーパターンのコート・ド・ジュネーブ装飾、そして輪列の構築的な構造と、すべてマニュファクチュールがずっと守り続けてきたアイデンティティを想起させます。一方、地板側には時間を視覚的に60に区切るサンレイパターンのギョーシェ模様。すでにいくつかのキャリバーで使われている、この装飾がモダンな雰囲気を醸し出します。そして、この類稀なムーブメントの特徴である最高級の仕上げを伺わせる、サファイアクリスタルの存在が全体のイメージをさらに強いものとしています。
この新しい複雑機構にふさわしく、ケースは、クッション型とラウンド型の洗練された融合(ブラックタイ コレクションを象徴)を強調する、巧みに練り上げられた構造を呈しています。表面に交互に施されたポリッシュ仕上げとサテン仕上げを特徴とする美しい装飾は、特に個別のベゼルの製造を必要としたため、ケースの構造をより複雑にしました。この新しい複雑機構はピアジェの伝統に従い、マニュファクチュールが製造するコンプリケーションをすべて搭載している、クッション型で実現しました。
 


GP07_V3.01_R.jpgケースは、クッション型とラウンド型の洗練された融合(ブラックタイ コレクションを象徴)を強調する、
巧みに練り上げられた構造を呈しています。



【『ピアジェ エンペラドール・クッション オートマティック ミニッツリピーター』概要】
 
Ref. G0A38019
 
 ■基本情報
 ・価格:3255万円(税込予価)
 ・ケース径:48mm
       世界最薄ミニッツリピーター自動巻ムーブメント(4.8mm)&ケース厚(9.4mm)
 ・ケース:18Kピンクゴールド
 ・サファイヤケースバック
 ・文字盤:ムーブメントを眺めることができるサファイアクリスタル文字盤
 ・インデックス:ゴールドインデックス
 ・仕上げ:
  【ケースバック側】サーキュラーパターンのコート・ド・ジュネーブ装飾、
   手作業で面取り、および、やすりで打ち延ばした受け、
   サンレイパターンのサテン仕上げの歯車、ピアジェの紋章がエングレービングされた
   ピンクゴールド加工されたプラチナ製マイクロローター、
   ピンクゴール加工されたポリッシュ仕上げスクリュー、
   ピアジェのシグネチャーとして緩急装置に“P”の文字
  【文字盤側】
   サンレイパターンのサテン仕上げおよびギョーシェ模様をあしらった地板、
   手作業で面取り、およびやすりで打ち延ばした受け、
   サンレイパターンまたはサーキュラーパターンの
   サテン仕上げのスチール製部品に手作業で面取りおよびやすりによる打ち延ばし、
   ブラックおよびポリッシュ仕上げされたスクリュー
 ■ムーブメント
 ・1290Pピアジェ自社製極薄自動巻ムーブメント、ミニッツリピーター
 ・機能:時・分表示
 ・ムーブメント厚:4.8mm
 ・サイズ:15 ½リーニュ  (34.9 mm) 
 ・石数:44
 ・テンプ振動数:21,600振動/時
 ・パワーリザーブ:約40時間
 ・防水機能:3気圧
 ・部品数:407



 【問】ピアジェカスタマーデスクtel : 0120-73-1874


■関連記事
【SIHH2013新作情報】モンブランから『タイムウォーカー ボイジャー UTC』が登場!
【SIHH2013新作情報】モンブランから『タイムウォーカー ワールドタイム エミスフェール』が登場!
ニコール・キッドマンが オメガの『レディマティック コレクション』発表会に登場