理系のための恋愛論 (479) 女の子のほうから行動を起こしてほしい?

写真拡大

恋愛というものを始めるには、まず女の子のほうから何らかの行動を起こしてほしい……と思っている男子は多いものです。40代、50代の男性が聞いたら、「なんということ!」と思うかもしれませんが、実際問題として、10〜30代の男性のほとんどが、恋愛にいたるきっかけは女の子がつくってくれないと困ると考えていたりします。

具体的に女の子がどういったアクションを起こしてくれると、男子としては「これってもしかして……オレに気があるっていうこと?」と思えるのでしょう。

○これまでは友人たちをふくめていつも6〜8人で行動していたのに、いつの間にかダブルデートっぽく4人でどこかへ行く感じになってきた。しかも、一方の男女はあきらかに付き合っちゃいそうな雰囲気である。

○頻繁に他愛もない内容のメールやメッセがくるようになり、相手の女の子の日常のスケジュールが何となくわかるようになっていた。

○オレの趣味に合わせて、△△のイベントに行かない? 私も□□始めちゃった……というようなことを彼女が言うようになった。

○自分の趣味や習い事の集まりや発表会などに、特に女子中心の集まりの場に招待されてしまった。

○相手の女の子のゲーム上でのキャラ名が、オレの名前に似ていたり、オレのあだ名だったりした。

○ダブルデートっぽく会うようになって、しばらくたったら、ついに2人で出かけない? と誘われてしまった。

女の子がこういったアクションをみせてくれると、男子的には時間と会う回数とともにこのままこの誘いをOKしつづければ、いつの間にか2人は付き合ってるっぽい雰囲気になっていくのだろうなぁと想像してみる。というふうに、女の子のほうから行動を起こして、気付けば2人になっていて、気付けば付き合っていた的な、なんとなく〜から始まる恋愛が多いのが最近の特徴です。

では、誘う側、行動を起こす側である女の子のほうは、そういった恋愛の始まり方を「よし!」と思っているのかというと、案外そうでもない……という人が多かったりします。女の子の立場になってみると、やはり、「ちゃんと好きとか付き合ってって、男の子のほうから言ってほしい」「今のままだと、付き合っているんだかいないんだかよくわからない。このまま、あいまいな関係でいるのはつらい」「男の子に好きだって言ってもらって、グイグイ引っ張ってもらえる感じでドキドキするから、そこはちゃんと言ってもらえるとうれしい」という意見が多いのも事実です。

ですが、実際に、女の子のほうから何となくうまく2人きりのデートに誘って、2人で会う機会を増やして、ついには、「私たちって、付き合ってるっていってもいいのかな……」とまで男の子に聞いてみて、「うん。そうだねー」とだけ言ってもらってようやく付き合っている確認が取れた。といった経緯で彼氏ができたという女の子は後を絶たないものです。

そして男子の行動とは裏腹に、「男の子のほうからちゃんと、好きだとか付き合ってと言ってもらいたかったなー」「やっぱり、好きっていう気持ちをことばにしてもらえるとすごくうれしい」というのが女の子としての正直な気持ちともいえます。

男の子側の言い分としては「好き」とかそういったことばは言わなくても十分に彼女に通じているはずだと思う、とか。好きとかかわいいとか、そういったことばはチャラい男が言うことで、自分はそんな恥ずかしいことは言えない。言わなくても、ちゃんと彼女のことは好きだし、かわいいと思っているし、大事にしているからいいのだ。相手の女の子(彼女)が、確実に自分のことを好きだとわかっているなら「好きだ」「付き合って」と言えるかもしれないけど、その確信が持てないうちは、告白はできない。キズつきたくないし、プライドがあるから、とか。そんなふうに言う男子が多いものです。