『キャプテンハーロック』キービジュアル ©LEIJIMATSUMOTO/CAPTAIN HARLOCK Film Partners

写真拡大

9月7日から全国で公開される映画『キャプテンハーロック』の主題歌が、ONE OK ROCKの楽曲“Be the light”になることがわかった。

【もっと写真を見る】

“Be the light”は、今年3月にリリースされたONE OK ROCKのアルバム『人生×僕=』の収録曲。今回の発表について同バンドは、「世界中で起きている人間の力ではどうにもならない悲しい出来事に対して、バンドマンとして一人の人として自分たちの気持ちを表現した曲です。この映画と交わることで、ONE OK ROCKだけの世界観とはまた違った形で色々な人達の暗闇が光に変わることを心から願っています」とコメントしている。

また、『キャプテンハーロック』のプロデューサー池澤良幸は、「映画の製作が山場を迎えているとき、『Be the light』を初めて聞きました。自然と涙が流れてきました」「今回の『キャプテンハーロック』の強みは世界中で公開することです。ですので、なんとか『Be the light』を一人でも多くの、世界中の人たちに届けるお手伝いができればと思い、主題歌へのご起用をお願いさせていただきました」と起用理由を明らかにしている。

『銀河鉄道999』『宇宙戦艦ヤマト』などで知られる松本零士が原作総設定を手掛けた『キャプテンハーロック』は、荒牧伸志がメガホンをとり、小説『終戦のローレライ』などで知られる作家・脚本家の福井晴敏と竹内清人が脚本を手掛けるSF作品。主人公キャプテンハーロックの声を小栗旬、ハーロックの命を狙うアニメオリジナルキャラクター・ヤマの声を三浦春馬が演じるほか、蒼井優、古田新太、福田彩乃、坂本真綾、沢城みゆきらが声の出演に名を連ねている。