失敗しないために転職のうまいタイミング

写真拡大

初めて会った人から情報を得ようとするとき、どんなことを気にするでしょうか。年齢、仕事、出身地、性格、今までの経歴…。これらは転職するときに、そのまま自分に対して問われる内容です。例えば年齢と経歴がつり合わない時期は、転職しにくいタイミングといえるかもしれません。そこで転職のうまいタイミングとは、どんな時期のことなのかをチェックしてみました。

■経験が積めない職場、キャリアアップが難しい職場は早めに見切りを

会社の制度、体制、雇用時の契約などによって部署異動できない、専門的な経験が積めない、キャリアアップ制度がないなど、年齢とともに身につけておきたい知識やスキルが積めない仕事なら、若いうちの転職が良いタイミングといえます。若いうちなら、経験不足が厳しく転職先から問われることもありません。社会的に見て必要なレベルの知識やスキルを積めているどうか、今一度職場や自分を見つめ直してみましょう。

■円満退社を狙うと、転職タイミングを逃しやすい

転職しようと思っていたのに、転職先が見つかったのに、今の職場が人手不足で、辞めるに辞められない…ということが転職では起こりがちです。円満退社を狙うと転職タイミングを逃しやすくなるため、強い意志を持って転職を決行するのが大切です。

■資格取得のタイミングは、転職タイミングよりも前に

資格を取得してから転職…というスケジュールを立てている場合は、当然ながら資格取得後に転職活動を始めることになります。しかし焦りが高じてか、資格取得の試験が1年後にしか受けられないのに、勉強と並行して転職活動を始める方もいます。資格を取得できる時期、転職を始める時期、退職を表明する時期はスケジュールできちんと管理しましょう。また転職に必要な資格なら、なおさら取ってから転職した方が好スタートを切れるはずです。

■転職活動は在職中に

在職中に転職活動を行う場合、重要なポジションについているイメージ、会社から必要とされる人材というイメージにつながり、評価が得やすいようです。また在職中は収入が確保できるぶん、安心して転職活動を行えます。ただし在職中の転職は、退職トラブルにつながりやすいのも事実。退職時に影響が出ないよう、社内の人材バランスやタイミングをはかることも必要かもしれません。

■中途採用の募集が増えるのは、春と秋

転職でのお勧め時期は3月と4月です。次いで9月と10月が、中途募集の多い時期のようです。半期ごとに行う事業計画にもとづいて募集人員を決めるところや、新卒社員の新人研修と時期を合わせたいという事情から、春と秋の募集が増えやすいのだとか。様々な企業から募集が集中しやすい時期のため、まずは春に焦点をしぼって準備や活動をするのがよさそうです。