『子曰、毋欲速、毋見小利、欲速則不達、見小利則大事不成』(速やかならんと…)【ビジネスシーンで使える論語】

写真拡大

仕事の上で決断しなくてはいけないことは多数ありますが、つい目先のことを考えがちです。しかし、大事な決断であればあるほど、先のことも考える必要があります。もし何か迷うことがあった時は、次の言葉を思い出してみてください。

『毋欲速、毋見小利、欲速則不達、見小利則大事不成』(速やかならんを欲すればすなわち達せず、小利を見ればすなわち大事成らず)

早く成果を出そうとあせっても、目先の利益を追っかけてもいけない。なぜなら、早く成果を出そうとあせっては物事を誤ることが多く、また、目先の利益を追っていてはついに大事を成すことは無いからである。

日本語のことわざで「急がば回れ」というものがありますが、それと同じで、目先の欲に捕らわれていると物事の本筋が見えなくなり、また大成することも叶いません。広い視野で先も考えた決断が、たとえ、すぐに成果が出なくても、結局は上手くいくことになるはずです。

仕事の上で、どちらかを選ばなければならないという決断が必要になることがあります。もし迷った時は、どちらの方が将来的に大成するのかを見極めて決めなくてはなりません。目先の利益だけを追求していたのでは、物事は成長しないからです。冷静になって広い視野で物事を見れば、きっといい結果が得られるはずです。